最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2006年12月09日(土) シリコンvsゲルマ?

_ 2SB562/2SD468 SEPPヘッドフォンアンプケース実装。

前回は真鍮板を切り出して折ったり半田付けしたりで結構時間がかかっちゃったし、面倒くさくもありで、今回は手持ちのアルミシャーシを使うことにしました。
ヘッドフォンアンプ二段弁当
 さくっと穴開けして小一時間かな? なんて思っていたら甘い甘い。シャーシって、当然ですがすでに箱型になっているじゃないですか。もうね、バリ取りが面倒なのなんのって。自作真鍮ケースは、折る前に穴開けちゃいますからバリ取り超楽ちんなんですが。シャーシのバリ取りに思った以上に時間を取られて結局2時間作業。これなら真鍮板で作ったほうが楽だったな。
シリコンTr版内部の様子
 ゲルマアンプの上に重ねてみます。思いっきり試作の雰囲気が漂っていて、こういう雰囲気私好きです。

 ゲルマに比べてFETが一個/ch少ないのと、NFB回路が無いこともあって、基板上もすっきりしています。

 早速試聴です。

 音は、12月7日に無理やり試聴したものと本質的には同じですが、ケースに入って電気的環境が静かになった・・・安定したことによる純度の向上というのははっきり体感できます。バックグラウンドが大変静かです。音が純粋です。いやまじ、自画自賛でなく、とくかく極力主観を排除して客観的に聴こうと努力してみて聴いてみても、部品代総計1500円程度(ケースと電源の電池のぞく)で作ったアンプが出す音とは到底思えません。

 音の客観性・・・冷酷さという点ではゲルマTrアンプよりもこちらのほうが勝っているでしょうか。淡々と信号を増幅しているという感じです。

 ただ、ダイソーヘッドフォンの爆音再生試験では、12月7日にも書いた通り電圧設計に余裕が無い影響は聴感上も若干感じられます。その点ゲルマTrは終段がスイングできる電圧幅がシリコンよりも1V以上余裕あります。この1Vの差が爆音再生時のピークに大きな違いを生じているようです。

 とはいえ、この爆音再生は、とてもじゃないですが連続して聴いていられないような音量ですから、それほど心配しないでもよい動作領域だとも思います。ですので、今回はこの爆音対策のために部品定数を変更する予定は、ありません。普通に大きな音で聴く程度であれば、充分ドライブ可能範囲内です。

 いい感じに仕上がったゲルマTrSEPPと、シリコンTrSEPP。ダイソーヘッドフォンの再生能力ではもはやこれ以上の細部判断は難しそうな域にまで来たと思います。

 いよいよ明日、K501デビューでしょう・・・か。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ T.K (2006年12月11日(月) 01:33)

アルミ鈑の接合はスポット溶接ですか???

_ 青木 (2006年12月11日(月) 09:35)

安物シャーシなので、なんかパンチみたいな跡がついていて一箇所で止まっているタイプです。これがもしやスポット溶接ってやつなのでしょうか? マイナスドライバでこじると速攻ではがれそうな軟弱さです。

_ 青木 (2006年12月11日(月) 09:42)

そのシャーシの品番は、リードのS-10というヤツなんですけど。安くて気に入っています。試作を組む際には便利です。
こんなの http://www.shimura-musen.co.jp/lead_home/lead/keseries.htm に入れるとかっこいいと思うのですが、ケース代が製作費の大半になっちゃう ^^)

_ ゲルマ屋本舗 (2006年12月11日(月) 12:35)

シャーシ買う前に、お菓子の空き缶がデフォだったりします。
当時の作品?はシャーシ代をケチって作ったものばかり。(苦笑)
現存しないけど、木製のもありました。(DC−ACインバータ)

_ 青木 (2006年12月11日(月) 13:27)

私も昔は、紅茶の缶や歯ブラシのケース、石鹸箱などで組んでました。
紅茶の缶は加工後の切り口でよく指切って血出してました。

お名前:
E-mail:

↑『お名前』は匿名でも結構ですので必ず入れてください。
入れ忘れてツッコミ投稿された場合、コメントいただいた内容が電子の彼方に葬り去られます。

コメント(半角英数文字のみのコメントは投稿できません)
すぱむ対策のため、半角でhttpを含むコメントは投稿できません!:
本日のリンク元
アンテナ
検索

もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2017|12|
2006年
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.小川かをり (12/10)
2.小川かをり (12/10)
3.青木@管理人 (12/10)
4.小川かをり (12/10)
5.青木@管理人 (06/16)
6.RADIO KITS (06/15)
7.青木@管理人 (06/11)
8.匿名 (06/10)
9.青木@管理人 (03/03)
10.再生ラジオ興味津々 (03/02)


12月31日
新しい第一歩に向けて。

12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!





今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。