トップ 追記

かにの泡ぶく


2023-03-14 ランチに超高級カップ麺を食す。

今日のランチはおうちでぼっち飯なため、さっくりカップ麺で。 このときのために以前買い置いていた、超高級カップ麺を食します (^^)/

セブンアンドアイの、「最高に面倒で、最高にうまいラーメン。すみれ」。

カップ麺のくせして398円(税込429.84円)もします。

早速作るのですが、ほんとうに面倒くさい。蓋を開けると中にスープだのだしだの4袋も入っており、それぞれ、「二度目の給湯前に入れろ」だの「二度目の給湯後に入れろ」だの、「喰う直前に入れろ」だのいちいち五月蠅いです。

一度お湯を入れて4分間後に一旦湯切りして、またお湯を入れます。

完成の図は実に地味な面構え。「喰う直前に入れろ」指定のラードがかなりギトギト浮いております。

私はオリジナル原理主義者ではありませんので、別途用意しておいた刻み葱、胡椒、ラー油を投下していただきます。

スープは非常に濃厚味噌味で、ラードとの相性は良いです。が、個人的好みの問題ですがこのラード、やっぱちょっと多いなぁ。1/3~半分ぐらいの量でちょうどいいかも。

麺は確かにカップ麺のレベルとは思えない美味さです。やや太麺ですがスープとの絡みもよく、つるつるでもちもち。噛み応えも良いです。

これだけ濃厚ラードたっぷりなので栄養成分の破壊力もハンパないです。



 熱量:699kcal
 たんぱく質:15.3g
 脂質:36.0g
 炭水化物:81.2g(糖質:75.5g、食物繊維:5.7g)
 食塩相当量:8.5g

と、糖質100g/日を目標にしている私は今日はもう炭水化物無し暮らしです(今日は特別に130gまでOKにしてますけど)。 食塩相当量も、6g/日を目標にしている私は今日はもう調味料無し暮らしです(もとから塩分量はたいして気にしてませんけど)。

で、総評ですが、これは確かに美味い。カップ麺としては確かにトップクラスかもしれませんが、正直、私はカップ麺にここまで求めでないです。

あの、カップヌードルシリーズのような、「蓋開けてお湯入れてポン!」みたいな気軽さとジャンキーなテイストが好きなのでありまして、ここまで手間かけるのなら、サッポロ一番塩ラーメンを鍋で茹でて卵入れて葱入れて食べたほうが全然安いし、少し高級っぽいラーメンを欲した際には、明星中華三昧を茹でて食べれば大満足です ^^)

と、言うわけで実に美味かったですが、リピは無いな。同じセブンアンドアイなら「蒙古タンメン中本辛旨味噌」の勝ちです。

でも、本当に美味しかったですよ。一度は食べておいたほうがいいカップ麺ではありますね。


2022-12-31 無為自然。

いろんなことがありすぎた一年だった。

思うに、時代の変曲点なのかな?

新陳代謝と言うにはあまりにも暴力的とも言えるほど生き急ぐような変化。

まぁ、なにはともあれ、命ある今を生きるしかない。

改めて、いまある自分に乾杯。

令和肆年壱弐月参拾壱日
午後拾時伍分
自室にて

青木 康雄


2021-12-31 今年もあと少し・・・

大晦日である。

今年もどうにか無事、年を越すことができそうである。

昔は年の瀬ともなると、結構あれこれ考えたもんだ。今年はどうだったとかあれがダメだったとか。そして、来年はあれしようこうしようどうしよう・・・とか。

人生を語るにはまだまだ未熟な私だけど、齢55となり、なんか少し丸くなったんかな?

細かいこと・・・すなわち、生死に関わるような重大事項以外のこと・・・に関しては、かなり大らかに対峙できるようになった。

命あれば儲けモノ・・・的なヤツ。

人間、死ぬときは死ぬし、生き残れるときは生き残れる。

自分でどうにかできることならみな、全力でどうにかするだろうけれども、どうにもできない・・・というか、受け入れるしかない現実ってのもあるもんな。

仕方ないよね。喜怒哀楽、苦楽酸甘も命あればこそ。どうせ過ごさねばならぬ時間なら、全てを楽しんでいこうじゃないの。

それが生きているってこと。

今日という日がどんな日であろうとも、明日という日は常に新しい。未来は過去の繰り返しじゃない。未来は常に真っ白なのだ。

そんなあれこれをまるっと思いつつ、命ある今に乾杯 (^^)/

令和参年壱弐月参拾壱日
午後拾時参拾壱分
自室にて

青木 康雄

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_  [庵野秀明が 鬱になり 2度ほど死のうと考えたと 語っていた。  なぜ、やめたんですか? に対し。  リア..]


2020-12-31 大晦日。

いや~~~、ほんとうに、今年はね~~~・・・って感じで話し始めたら夜が明けるほど激動の一年でしたね。

でも、こうして毎年必ず、大晦日は訪れるのです。

いろんなことがありすぎる一年だったけど、毎日日課の夕方散歩で鶴見川の土手を歩けば、鳥が囀り魚が川面を跳ね、いつもと変わらない自然界の営みがそこにはあります。

毎日毎日、陽が暮れ闇が訪れ、夜が更けそして朝日が昇る。

例え私が今ここで突然死しようとも、人類が滅びようとも、自然界は平常運行。星は回り続けるのです。

現世で生じる全てを謙虚に受け入れ、自分の力ではどうしようもできない事象にいちいち気を病めず、取り得る最善を尽くしつつ、毎日を生きていくしかありませんね。

命ある今宵に、乾杯!

令和弐年壱弐月参拾壱日
午後捌時弐拾壱分
自室にて

青木 康雄


2020-04-29 PCR検査陽性者数っていつの陽性者数?

_ 日々の陽性者数はほぼほぼ意味無い。

昨日、東京都のCOVID-19陽性者数が3日ぶりに100人超えたということで一部報道で取り上げられておりましたが、以前の投稿でも触れた通り、このPCR検査の陽性者数に関しては、日々の数値に一喜一憂することはまったく意味がありません。

この表は、東京都が公開しているOpenData( https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ )から、東京都が実施したPCR検査数と、陽性者数を拾ったものです。

黄色のセルは、検査数より陽性者数のほうが多い日。すなわち、日々の陽性者数は、その日の検体採取で判明した陽性者数ではなく、その日に報告された陽性者数なんですね。

検体採取から検査結果が出るまで、それぞれの検査施設で1~7日程度のブレがあるようですから、例えば4月12日の陽性者数は、4月6日ぐらいから4月12日までに採取された検体のうちで、陽性だった数が適当にばらけて含まれているということになります。

検体採取基準もなんだか恣意的な介入を感じるところがあるので本当であればランダムサンプリングしたものじゃないと統計的意義すらない数値なのですが、それでも仮にこの東京都の公表している数値を元に考察するとしても、過去5日の累計陽性者数とか、あるいは平均陽性者数で遷移を見ないといけません。

日々の数値をあれこれ言ったところでそれはほぼほぼ無意味です。

というわけで、最後のところに5日平均値を入れてみました。

ご参考までに~


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2017|12|
2018|09|12|
2019|02|03|10|12|
2020|04|12|
2021|12|
2022|12|
2023|03|
2023年
6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


最新ツッコミ

  1. 青木@管理人 (10-09)
  2. こいち (10-09)
  3. 万年初心者 (04-01)
  4. 青木@管理人 (03-31)
  5. 万年初心者 (03-31)



  • 03月14日
    ランチに超高級カップ麺を食す。
  • 12月31日
    無為自然。
  • 12月31日
    今年もあと少し・・・
  • 12月31日
    大晦日。
  • 04月29日
    PCR検査陽性者数っていつの陽性者数?
    • 1. 日々の陽性者数はほぼほぼ意味無い。
  • 04月23日
    コロナ禍に思うこと。
    • 1. よんどころない話です。軽く読み飛ばしてください。
  • 04月22日
    買うとおカネが貰える?!
    • 1. 原油の価格がマイナスってナニソレ?!
  • 04月20日
    コロナ禍に思うこと。
    • 1. せめてもの報い。
  • 12月31日
    生きるということ。
  • 10月16日
    突然ですが・・・
    • 1. 「微画撮」(びがどり)開発プロジェクトスタート。