トップ 追記

かにの泡ぶく


2021-12-31 今年もあと少し・・・

大晦日である。

今年もどうにか無事、年を越すことができそうである。

昔は年の瀬ともなると、結構あれこれ考えたもんだ。今年はどうだったとかあれがダメだったとか。そして、来年はあれしようこうしようどうしよう・・・とか。

人生を語るにはまだまだ未熟な私だけど、齢55となり、なんか少し丸くなったんかな?

細かいこと・・・すなわち、生死に関わるような重大事項以外のこと・・・に関しては、かなり大らかに対峙できるようになった。

命あれば儲けモノ・・・的なヤツ。

人間、死ぬときは死ぬし、生き残れるときは生き残れる。

自分でどうにかできることならみな、全力でどうにかするだろうけれども、どうにもできない・・・というか、受け入れるしかない現実ってのもあるもんな。

仕方ないよね。喜怒哀楽、苦楽酸甘も命あればこそ。どうせ過ごさねばならぬ時間なら、全てを楽しんでいこうじゃないの。

それが生きているってこと。

今日という日がどんな日であろうとも、明日という日は常に新しい。未来は過去の繰り返しじゃない。未来は常に真っ白なのだ。

そんなあれこれをまるっと思いつつ、命ある今に乾杯 (^^)/

令和参年壱弐月参拾壱日
午後拾時参拾壱分
自室にて

青木 康雄

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_  [庵野秀明が 鬱になり 2度ほど死のうと考えたと 語っていた。  なぜ、やめたんですか? に対し。  リア..]


2020-12-31 大晦日。

いや~~~、ほんとうに、今年はね~~~・・・って感じで話し始めたら夜が明けるほど激動の一年でしたね。

でも、こうして毎年必ず、大晦日は訪れるのです。

いろんなことがありすぎる一年だったけど、毎日日課の夕方散歩で鶴見川の土手を歩けば、鳥が囀り魚が川面を跳ね、いつもと変わらない自然界の営みがそこにはあります。

毎日毎日、陽が暮れ闇が訪れ、夜が更けそして朝日が昇る。

例え私が今ここで突然死しようとも、人類が滅びようとも、自然界は平常運行。星は回り続けるのです。

現世で生じる全てを謙虚に受け入れ、自分の力ではどうしようもできない事象にいちいち気を病めず、取り得る最善を尽くしつつ、毎日を生きていくしかありませんね。

命ある今宵に、乾杯!

令和弐年壱弐月参拾壱日
午後捌時弐拾壱分
自室にて

青木 康雄


2020-04-29 PCR検査陽性者数っていつの陽性者数?

_ 日々の陽性者数はほぼほぼ意味無い。

昨日、東京都のCOVID-19陽性者数が3日ぶりに100人超えたということで一部報道で取り上げられておりましたが、以前の投稿でも触れた通り、このPCR検査の陽性者数に関しては、日々の数値に一喜一憂することはまったく意味がありません。

この表は、東京都が公開しているOpenData( https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ )から、東京都が実施したPCR検査数と、陽性者数を拾ったものです。

黄色のセルは、検査数より陽性者数のほうが多い日。すなわち、日々の陽性者数は、その日の検体採取で判明した陽性者数ではなく、その日に報告された陽性者数なんですね。

検体採取から検査結果が出るまで、それぞれの検査施設で1~7日程度のブレがあるようですから、例えば4月12日の陽性者数は、4月6日ぐらいから4月12日までに採取された検体のうちで、陽性だった数が適当にばらけて含まれているということになります。

検体採取基準もなんだか恣意的な介入を感じるところがあるので本当であればランダムサンプリングしたものじゃないと統計的意義すらない数値なのですが、それでも仮にこの東京都の公表している数値を元に考察するとしても、過去5日の累計陽性者数とか、あるいは平均陽性者数で遷移を見ないといけません。

日々の数値をあれこれ言ったところでそれはほぼほぼ無意味です。

というわけで、最後のところに5日平均値を入れてみました。

ご参考までに~


2020-04-23 コロナ禍に思うこと。

_ よんどころない話です。軽く読み飛ばしてください。

ちょっと過激というか、不謹慎と思われちゃうような内容もありますが、まったく悪意はありません。疑問、思いを純粋に文章化してみたまででして、逆に言えば、私はこういう人間だということです。

毎日毎日コロナコロナとこうあらゆるメディアから言われ続けると、「これはひょっとしてなにかの洗脳作戦か?」なんて、相変わらず穿った見方をしてしまう私です。

あ、もちろん、今はCOVID-19の感染拡大を押さえ、新規感染される人を少しでも減らし、罹患者の早期快復に努めることが最優先であるという点については私もまったくその通りだと思いますし、私なりにできることをしています。インフルエンザ流行期であっても咳やくしゃみが出ない限りは決してマスクをしない私ですら、外出時はマスクするようにしてますし。

しかしこれ、こうも毎日「コロナ警戒生活」がアタリマエになってしまうと、COVID-19が晴れて無事終息した暁にはおかしな話ですが、「コロナロス」とか言って逆に気が抜けて放心してしまうようなことになりませんかね?

今回のコロナ禍で社会構造や仕事の仕方、生活スタイルが大きく変わりました。それも一時的ではなく、今後もしばらくは継続するでしょう。そんなコロナ暮らしが当たり前になりつつある今、コロナ禍の終息が見え始めたら、アフターコロナに備えていろいろ心の準備をしておく必要がありそうです。

一方で今回のコロナ禍、感染症としての影響というか、被害を数値で見てみましょう。自宅待機の軽症者が亡くなられたとか(季節性インフルエンザでも突然死はある)、感染者数が今日も100人オーバーだとか、メディアは事実にさらに刺激的なスパイスをこれでもかと添加して伝えてきますから、「実際どうなん?」と疑問に思う姿勢は大切です。

今現在でこんな感じです(Wikiより)。

日本:
・罹患者数:11,994人
・死亡者数:299人

全世界:
・罹患者数:2,623,415人
・死亡者数:183,027人

季節性インフルエンザはどんな感じかと言いますと・・・

日本:
・年間推定罹患者数:10,000,000人
・年間推定死亡者数:3,000人

全世界:
・年間推定罹患者数:11億人
・年間推定死亡者数:20~50万人

COVID-19はいまだ終息が見えませんのでまだまだ数字は増えそうですが、世界各国で強力な対策が取られておりますので、今日現在までの感染拡大速度がさらに加速するとは考えにくいです。

ですので、仮に現在の数字の倍を終息付近の均衡値としますと、死亡者数についてはなんとなく季節性インフルエンザとほぼ同じぐらいな感じ? 死亡率が高いですがそれも桁が違うというほどではありませんし、すでに市中に多数存在すると言われている不顕性感染者数も加えると、死亡率も季節性インフルエンザとそうそう変わらないのかもしれません。

「ちょっと悪質なインフルエンザ」的な感じ?

人類はいまやインフルエンザウイルスとは完全に共存しています(せざるを得ない)。共存しているとは言え、毎年50万人の犠牲をはらっているわけですが、COVID-19もやがてはインフルエンザと同じような扱いにならざるを得ないのかもなぁ・・・と、思ってみたり。

そう考えると、PCR検査で陽性になったとしても、軽症であれば自宅待機で・・・という最近の方針は賢明な判断だと思います。


2020-04-22 買うとおカネが貰える?!

_ 原油の価格がマイナスってナニソレ?!

bloombergより。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q94XI3DWRGG501
原油先物、6月限にもパニック売り-WTI原油が一時42%安
Alex Longley
2020年4月21日 21:00 JST

石油市場のメルトダウンは21日も続いている。だぶついた原油を貯蔵するスペースが世界的に尽きつつあり、原油先物はテクニカル上の要因がある限月以外にも売りが広がった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)5月限は20日、史上初めてマイナスの価格を付けた。21日はパニック売りが6月限に拡大、一時42%安の1バレル=11.79ドルに下落した。

4月21日の期日前になんと! 恐らく貨幣制度始まって以来初の商品代金がマイナスとなった5月限WTI原油先物。

その時点で6月限はパニックにならずにそこそこ平穏に22ドル台を推移していたが、5月限〆と同時にパニック売りが波及。一時は6.9ドルまで暴落する。

今更言うまでもなくこの原油安の要因は世界経済の停止による原油需要の激減にも関わらず、どんどんと原油を掘り出しており貯蔵先が無くなってしまいそうなため、原油保管コストが高騰。持ってるだけで大損してしまう状況になってしまったので投げ売り状態になってるというもの。

ではなぜ、産油国は原油減産しないのか。

昔、原油は中東ロシアが主導権を持っていた。この状況下に、アメリカが水の圧力で岩盤に亀裂を入れるという新しい方法で「シェールオイル」と呼ばれる原油の商業的採掘に成功。原油市場でのシェアを喰いはじめた。

しかしこのシェールオイルは採掘コストが高く、40ドル以下では採算割れと言われている。アメリカがシェールオイルを持って市場参入してきたときの原油の相場は60~100ドルという水準だったので、充分に利益が出た。

しかし今回のコロナ禍で、原油相場はご覧の通り。いくらアメリカより採掘コストが安いとは言え、中東ロシアも大ダメージを受けているハズである。 しかし市場の需要に合わせた減産に踏み切る気配は無し。なぜ?

詳細は割愛するが、中東ロシアの産油企業の財務と、アメリカのシェールオイル企業の財務を調べてみるとその意図がすぐわかる。

要はアメリカ潰しである。

財務体質が全然違う。中東ロシアの産油企業は潤沢なキャッシュと流動資産を持っており、最悪原油がゼロ円になったとしても半年や一年程度は持ちこたえそう。 ところがアメリカのシェールオイル企業のそれはかなり脆弱。40ドル割れが1年続けば耐えられないところが多い。それが今や10ドル台である。

この状態があと半年続けば、アメリカのシェールオイル企業は全社潰れる。

中東ロシアは、アメリカを市場から追い出し、二度と立ち直れないようにしたあとでシェアを奪還し、また原油市場での主導権を握ろうという魂胆だろう。

今年3月、サウジアラビアからの減産提案をロシアが蹴ったことから始まった今回の原油大暴落。サウジアラビアとロシアが喧嘩したのは実はシナリオ通り。お互い想定済みであったと私は見ている。


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2017|12|
2018|09|12|
2019|02|03|10|12|
2020|04|12|
2021|12|
2022年
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最新ツッコミ

  1. 万年初心者 (04-01)
  2. 青木@管理人 (03-31)
  3. 万年初心者 (03-31)
  4. も (01-04)
  5. 青木@管理人 (09-11)



  • 12月31日
    今年もあと少し・・・
  • 12月31日
    大晦日。
  • 04月29日
    PCR検査陽性者数っていつの陽性者数?
    • 1. 日々の陽性者数はほぼほぼ意味無い。
  • 04月23日
    コロナ禍に思うこと。
    • 1. よんどころない話です。軽く読み飛ばしてください。
  • 04月22日
    買うとおカネが貰える?!
    • 1. 原油の価格がマイナスってナニソレ?!
  • 04月20日
    コロナ禍に思うこと。
    • 1. せめてもの報い。
  • 12月31日
    生きるということ。
  • 10月16日
    突然ですが・・・
    • 1. 「微画撮」(びがどり)開発プロジェクトスタート。
  • 03月24日
    備忘録:各所の照度。
    • 1. 各所の照度測定(自分用メモ)。
  • 03月02日
    修復完了~
    • 1. 過去の日記の挿入画像、いちおう全て修復完了したつもりです。