最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2012年07月02日(月) 雨が降らない梅雨とはこれ如何に?

_ 小さな来訪者。(23時51分記)

昨日の朝、南側のベランダで、毎朝恒例の軽い体操をしていると、鉢植えの柿の木のほうから、なにやら気配を感じる。

「んん?」

と思って近づいてみると、体長1cmそこそこの、孵化したばかりと思われるカマキリのチビと目が合った。

一体どこからやってきたのか・・・ウチはマンションの10階。夏でも蚊すら飛んでこないというのに、こんな産まれたての飛べそうにもないカマキリが、飛んでやってくるハズがない。

地面からひたすら壁伝いに歩いて上がってきたのか、先日の台風で吹き飛ばされて偶然にも我が家に不時着したのか、10階近辺のどこかに産み付けられた卵が孵化したのか・・・?

いずれにしても我が家のベランダは、カマキリにとって食糧事情は良いとは言えない。小さいアリやアブラムシ、蜘蛛、てんとうむし・・・ぐらいは見かけるが、このサイズのカマキリに適した大きさの獲物は、なかなかいなさそう。

そんなわけで今日、夕方散歩に出かけたついでに、なにかよい獲物が居れば・・・と思い、鶴見川の河川敷を探してみた。

が、いざ、探すとなかなか見つからない。ゴミムシやカメムシ、ハエ等、大き目の昆虫は居るものの、いい感じの大きさの昆虫は残念ながら発見できず。

まぁ、見つけたら見つけたで、それはそれで多少複雑な心境にはなりそうだけど。

と、いうわけで、なにか他に、多少なりとも食糧支援できる方法がないものか、調べてみたら意外なことが分かった。

  • カマキリは牛乳を飲むらしい。

  • カマキリは肉も食べるらしい(ハムや生の牛肉等)。
  • 但し、糸でつるして目の前でゆらゆらさせる等、「生き物」のフリをさせる必要有り。

本当は自然界で生きている昆虫のほうがいいに決まっているのだろうけど、とりあえず、明日にでも生肉を与えてみようかな。

ちびカマキリ

2012年07月07日(土) 七夕。

_ 脱原発に向けて、パブリックコメントを送ろう!(21時47分記)

7月31日まで、日本政府の国家戦略室が、パブリックコメントを受け付けています。こちらです。

日本政府が提示した2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢(原発依存度を基準に、(1)ゼロシナリオ、(2)15シナリオ、(3)20〜25シナリオ)について、国民の意見を吸い上げようというものです。

思うところがあるみなさん、ぜひ、パブコメを送ろうじゃありませんか。

私が送ったパブコメは以下の通り(注:コメントが100文字超える場合は概要を100文字以内で書かないといけないので、気を付けてください)。

国が示した3つの選択肢において、私は、原発依存度はゼロにするべきと考えます。

東日本大震災によりもたらされた福島第一原子力発電所の事故により、原発が甚大な被害を受けた際には、放射能漏れを防ぐ手立ては事実上無く、人知では制御、収束不能な状態になってしまうことが明らかになりました。
どんな理由があったとしても、広い意味での当事者(=発電事業者、送電事業者、電力消費者等)だけで管理、完結することのできない原子力というものは、選択してはいけないエネルギー源であることは、文明人であれば容易に理解できると思います。
今回の福島第一原子力発電所の事故により、日本国民は平和な暮らしを奪われ、故郷を追われ、さらには、自国土を事実上、一部失うという事態になってしまいました。今なお放射性物質は海を汚し、国境を越え、全地球に放射性物質を撒き散らし、世界を恐怖と不安に陥れています。

正常運転中の原子力発電所から発生する使用済み核燃料の処理も、未だに解決していません。何万年、何十万年も放射線を出し続ける危険なゴミを出す原子力発電所は、世代を超えて遥か未来にまで負の遺産を押し付け続けるシステムです。

世界で唯一、原爆投下による悲劇を経験した日本という国が、こんなことでいいのでしょうか?

私も2011年3月11日までは、消極的でしたが原発を容認していました。が、福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、放射能のことだけにとどまらず、今まで知らなかった多くの事実を知りました。

気が付いてしまったのです。知ってしまったのです。

原子力災害に対しては、技術的に対応は難しい(ほぼ不可能)だけでなく、万一発生してしまった際にはどう対応するのか? という部分でも、日本(政府)はあまりにも未熟だと思いました。
2011年3月11日夕方、福島第一原子力発電所の全電源喪失が報道されて以降の、政府、東京電力、関係機関の対応を見る限り、とても原発を扱える国だとは、思えません。

国家というものが、もし、国民の生命と財産を守る・・・ということを第一に考えるなら、原子力発電という発電方式は、すぐにも捨て去るべきだと思います。

今からでも遅くはありません。いつまでも美しい日本を、未来の世代に残すために、原発依存度ゼロを目指していくべきだと考えます。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ inagaki [いつも拝見しております。 パブコメの件、拙サイトでも取りあげさせていただきました。 ]

_ 青木@管理人 [inagakiさん:ありがとうございます! がんがん行きましょう! ]

_  [宿題と一緒でギリギリまで書けず、なんとか滑り込みセーフでした。私もFbで公開してみましたので、よろしければお読みくだ..]

_ 青木@管理人 [た さん:最近すっかり放置状態の かにの泡ぶく までもお気にかけていただきありがとうございます。 たまにはなにか更..]


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2012年
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。