最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2013年05月09日(木) 初夏を思わせる陽気。

_ 【備忘録】ヒナカマキリの卵のう孵化準備。(15時18分記)

かなり暖かくなってきたので、1月に採取したヒナカマキリの卵のう孵化に備えることにした。

5月7日(月)に観音崎入りして、土と落ち葉等を少々お借りしてくる。これらを使って、少しでも観音崎の雑木林に近い環境を再現しようという目論見。しかしこの土、すごい豊かな生物相を持っている。ちょっとほじってみると、そこには非常に多くの生物が確認できる。

5月8日(火)の午前中、ヒナカマキリの卵のう孵化に備えて初令幼虫受け入れセットを用意した。まぁまぁいい感じ。

お昼前、今まで発砲スチロール箱の中で保湿され大切に保護していたヒナカマ卵のうを、受け入れセットにセット。同じタイミングで、発砲スチロール箱の中においてあったサーモクロンも、受け入れセットの近くに置くことに。 当面の常置場所は、リビング。

これでまずは孵化後、数日は生きながらえてくれるだろう。その間に、トビムシ補給ラインをなんとかしよう。

現在、日中のヒナカマキリ卵のう周囲の環境温度は22度ぐらい。あと1、2週間ぐらいで、孵化かな?

三留さんちのオオカマの卵のうは、昨日あたりに孵化したとの話。ちょっと早くないか? 三留さんちが暖かいのかな?

■問題点・課題

  • 土と葉っぱの間に空隙が多いせいか、土中の微小生物が表面に出てこない。ヒナカマは当然だけど土を掘る能力は無いから、捕食効率が相当悪くなりそう。
    しかしながら、土と葉っぱを密着させてしまうと、その隙間にヒナカマは入っていけないので、土中の微小生物が葉っぱの裏に出てきたとしても、結局捕食できず・・・か。
    そう考えると大自然というのは偉大すぎる。まずは、孵化してから様子をみながら考えるとしよう。

  • トビムシを別途用意する必要が大いにありそう。上記の通り、狭いセット内でヒナカマが遭遇できる微小生物はかなり少ない。面積を広くとれれば、ヒナカマが徘徊することでエサを探すことも出来ようが、狭いセット内ではそれも出来ず。
    無事孵化に成功したなら、すぐさまトビムシを別途増やして、定期的に補充してやる必要に迫られることは間違いない。

  • 霧吹きでの保湿は結構難しい。ほとんどは葉っぱにかかってしまい、土壌にまで到達できない。土壌に到達するほど霧吹くと、それこそ水浸しになってしまって溺れ死ぬヤツが多数発生するだろう。
    これもなにか考えないといかんな。様子を見ながら葉っぱの密度を減らして、土の露出を増やすか。

ヒナカマ初令幼虫受け入れセット全景 ヒナカマ初令幼虫受け入れセット卵のう

2013年05月10日(金) 昨日に引き続きさらに初夏っぽさ高まる。

_ 【備忘録】ヒナカマキリ孵化セットの場所について。(11時32分記)

本日10時45分ぐらいに、我が家内の気温を、24時間常時稼働していて温湿度ログを取っている「おんどとり」というデジタル温湿度計で測ってみた。

10時45分ぐらいでの我が家内の気温。
 ・仕事部屋(北側に面している):23.9度  ・リビング(南側に面している):24.1度  ・南側ベランダ(今の季節だと陽射しはあまり無い):25.3度

というわけで、ヒナカマキリの孵化セット、早く孵化してもらいたいので、今日から日中は南側ベランダに出すことにした。


2013年05月25日(土) 今日は涼しい・・・

_ 【備忘録】ヒナカマキリその後・・・(15時56分記)

卵のう1(プラケース小)

5月15日(水)の朝、数匹孵化確認。翌16日(木)の朝、どわーっと、たくさん出てくる。17日(金)の朝、1匹の孵化確認。

5月17日(金)、ヒナカマ密度を下げるべく、3匹を2月採取の土瓶瓶に移住させる。

今日現在、プラケース内に6匹、土瓶瓶内に3匹確認。 孵化二日目朝のヒナカマキリ 孵化直後のヒナカマキリその1


卵のう2(丸い半透明容器)

5月16日(木)の朝、1匹孵化確認。翌17日(金)の朝、どわーっと、たくさん出てくる。18日(土)の朝、1匹の孵化確認。

5月17日(金)、事故で1匹お亡くなり。その後、ケースの天井裏に8匹張り付いているの確認。18日(土)の朝に1匹増えたので、都合、9匹居ることになる。

5月19日(日)、プラケース大に、手持ちの土と木を使って飼育セットを増設。ヒナカマ密度を下げるべく、6匹(のつもりなのだが、なぜか後日7匹居ることを確認した)を移住させる。 結果、元の半透明容器には、最低でも2匹は居るハズなのだが、なぜか移住直後から1匹しか確認できず。1匹(もしくは2匹?3匹?)行方不明。引っ越しで生き埋めになったか? 孵化直後のヒナカマキリその2


諸々のこと

正確に数えたわけではないが、1つの卵のうからは、10匹程度が産まれてくるようだ。

エサは(購入して投入した)トビムシをはじめ、元から土壌に居る微小生物を食べているようだ。

天井裏や、落ち葉の裏、木の幹に逆さまに張りついていることが多い。

孵化開始後10日経過。脱皮は確認できていないけど、見てないだけで脱皮しているのかもしれない。なんせ、小さすぎて追うのがなかなか大変。

今日現在で総勢17匹。もう少し飼育したら、1セットを残して観音崎に帰しに行く予定。トビムシのウチはいいけど、これを全部成虫にまで育てるのは、エサ確保がかなり大変。

画像の説明画像の説明画像の説明

もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2013年
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。