最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2005年08月01日(月) しゃきっと月曜日。

_ 今更ながら。

カシオのEXILIM EX-S20を買った。

パンフォーカスの小気味良さは、やっぱいいね。シャッターボタンを押すとほぼ同時に「かちゃっ」と落ちるシャッター。

メモカメ、お気楽お散歩スナップカメラとして考えた場合、2Mあれば私は全然OKだし、EX-S20の絵作りも必要充分だし。

ちょい気合入れて写真撮りたいときは、R-D1を出動させればいいわけだしね。

真っ赤なEX-S20

_ 画素数に対する違和感?

デジカメの画素数ってのは、例えばベイヤーだと、色フィルターを考えずに、単に、RGBをそれぞれ1画素って数える。普通のデジカメであれば、フルカラー(懐かしい単語だなぁ)のJPEGが通常撮影できるので、最終的にユーザーが手にする画像上は、1ピクセルがRGBの3色で構成されるのだが、実際にデジカメのセンサー上では、1ピクセルに3色も色はなく、RGBのどれか1色があるだけで、無い色は周辺から補間計算されて生成される。

個人的な事情なのだけど、ここらへんにどうも違和感を覚えることが多い。

かにこむの事業内容中、デジカメの絵作りのお仕事はかなりの割合を占めるが、一方で、ラインセンサーというセンサーを使った仕事も結構ある。ラインセンサーというのは、簡単に言えばコピー機やスキャナーのように、センサーが被写体を走査しながら、1ラインづつ順番に取り込んでいくセンサーのこと。

で、フルカラーのラインセンサーの場合、あくまでも画素数表記は得られる最終生成画像に依存する。

2000画素のモノクロラインセンサーは、モノクロなので受光素子は2000画素付いている。これはまぁよい。

2000画素のフルカラーラインセンサーの場合は、フルカラーなのでRGBごとに2000画素づつ合計6000画素の受光素子が付いているが、これを6000画素とは絶対に言わない。2000画素のRGBラインセンサーと言うのだ(あるいは、2000x3 という表記をすることもある)。

有効画素数という表記もデジカメ特有のもので、ラインセンサーの世界では、そんな意味不明な表記は無い。ずいぶん以前の話になるが、この「有効画素数」という言葉については、日本写真機工業会にあった、「デジタルカメラ委員会」(だっけかな?)で、激しく議論された経緯があったと記憶している(私もその技術委員だった)。

最終生成画像依存という点で言えばデジカメの画素数表記もまぁ矛盾は無いわけであるが、ラインセンサーを使っている側からすると、「補間してるんだから、なんか反則だよな」なんて、ふと思うこともある。

そんな疑問を以前より抱いていたので、Foveonが発表された際、彼らがどう画素数表記するか、興味深かった。

例えば、シグマのSD10の場合、2268x1512ピクセルの画像を得ることができる。これをベイヤーで実現した場合、3.5M弱である。が、彼らのセンサーは補間しないので、生成画像1ピクセルに対して、センサー上にちゃんとRGBが1画素づつある。よって、有効画素数という考えに則り、2268x1512x3(RGB)ということにして、約1029万画素ということにしている。

うむむ・・・って、感じだよね。これも、まぁ解釈上は間違ってないのだろうけど、これはこれでどうも釈然としない感じがしてしまう。

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [EX-S20、いいですよね。私も一時期(少し前に)中古購入をかなりまじめに検討してました。画素数、マクロなどの点でこ..]

_ 青木 [うん。マクロが付いたって点は、ポイント高いですよね。実はこれ、製品発表時にも、とても欲しかったのですがなぜか買いそび..]

_ まつ [レンズバリアも安心ですよね。でも、一年半以上前の発売時に2.5〜3万円程度のものが現在1.5万で買えるというのも、安..]

_ 青木 [まぁ、そうですね。デジカメって腐るものでもなく、発売時から性能が劣化するようなものでもないので、私はどっちかっつうと..]

_ まつ [EPSON L-500Vだと、発売一年足らずで半値ですからね。 EX-S20の発売一年後の実勢価格を知らないのですが..]

_ ため [私も2005年秋にS20を買って以来、この質感や薄さ小ささに大満足して今も現役で使っています。ハガキ大でプリントする..]

_ 青木@管理人 [こういうデジカメ最近無いですよね〜。まさにライトウェイトでその重さや大きさを意識せず持ち運べて、必要十分な性能がある..]


2005年08月02日(火) なんかうにうに。

_ どうもこうなんとなく。

ぱっとしない。暑さにやられてきたか?

_ 朝から晩まで。

画像処理のシミュレーション。チャートとか、CZPばかり見ていると、自身の感覚が鈍化というか、順化してきて、なにがどうなんだかわからなくなってくることがある。

そんなときには、窓から遠くを眺めてみたり、今日みたいに自宅オフィスで作業しているときは、和室の畳の上で少し寝っころがってみたり、仕事部屋から見える緑の芝生公園を眺めてみたり。

独身時代は趣味で銀塩写真の現像から焼き付けまで、全部自力でやっていた。銀塩の現像という行為は、すべてアナログな世界。化学反応だから、どんなにきちっと温度管理しようが、工程管理しようが、決して同じ結果を得ることはできない。だいたい印画紙の銀の並びがすでにランダムなんだし、それ以上に、露光制御や現像制御、現像液の状況を全く同じにすることは不可能だ。

熟練すれば、限りなく同じ結果を得るこはできるが、それは、限りなく同じなのであって、決して同じものでは無い。

ところがデジタルの世界は違う。

同じ画像処理アルゴリズムを、同じパラメタで駆動する限り、絶対に同じ結果が出る。気温が変わろうが、季節がどうであろうが、ましてや、俺の体調がどうであっても、同じ画像処理アルゴリズムを、同じパラメタで駆動する限り、絶対に同じ結果が出る。

これって、一見便利で素晴らしいことのように思うけど、実はとてもはかなく非情で無常なことなのかもしれない。

アルゴリズムを設計する人間は、絵を作る楽しみを味わえるかもしれないが、それを使うユーザーには、一切なんの技術もノウハウも伝承されない。わけもわからずにシャッター押せば綺麗な絵が撮れることは素晴らしいことかもしれないが、銀塩時代は、素人なりにちゃんとした写真を撮るためには、最低限度の知識と練習が必要だった。

技術の進歩、発展は、生活を便利に、豊かにする反面、便利さと引き換えに努力を忘れる・・・アホ化するという一面もあることは、確かだよな。

例えば携帯電話。

今では、ほとんどの人が持っている。だから、なんらかの待ち合わせの時なども、例えば『JR東京駅の八重洲のほうで午後7時ごろ。詳細は改札でたら電話するわ』みたいな感じで、ちゃんとセッティングしない。

携帯電話がこんなに普及していなかったころは、待ち合わせとなれば二重三重のバックアッププランを考えて臨んだものだ。

『JR東京駅の八重洲口改札出た右側見えるあたりで、午後7時ぴったりね。もし10分経ってもお互い会えなかったときは、先にお店に行ってて。もし、なんらか緊急事態があったら、お店に電話いれとく』。

だから東京駅に向かうルートにしても、迂闊に遅れることができないので、いろんなリスクを想定して臨んだものだ。

ところが今なんか、少し遅れるぐらいだったら『携帯に電話いれときゃいいや』だ。

以前は無意識のうちに日常で行っていたリスク分析とヘッジ。さらにバックアッププランの立案。これが、携帯電話の普及で無用となった。

これは一見、よかったことのように思えるかもしれないけど、本当にそうだろうか。

いやなにも、携帯電話を悪者にしたい気持ちは毛頭ないし、私も便利に使っている人間だ。でもね、物事の本質ってものを、ちゃんと見据えておかないと、人間ってどんどんアホになってしまうから、気をつけないといけないなって、いつも思うんだ。

特に俺なんか、すぐアホ化するからさ、人一倍気をつけないと。


2005年08月03日(水) 汗みどろで起床の朝。

_ 専門分化とトータルマネージのバランス。

昨2日、羽田空港で管制塔が全停電するという前代未聞のトラブルが発生。

発生第一報のとき私は、『無停電なんで動かんのだ?』と思ったのだけど、その後の報道で、なんと、異常を認識する以前にすでに異常が生じており、ちゃんと無停電が作動したが誰も異常を認識しなかったので、バッテリを使い切ったのだと。

おいおいって感じだよね。

私が改めてこんなところで言うまでもないことなんだけど。

この事例から考えさせられる点は、これは決して人ごとでは無く、比較的大規模な現場で働く人たちにとってはかなり共通に抱える問題を示している点だ。

私の場合、関係する分野としては技術開発系の現場がほとんどだが、おそらく分野に関わらず、共通な要因だと思う。あまりにも個々の技術が高度に進化し、それらが組み合わさってシステムとして構築されていく中で、どうしても専門分化は避けられない問題だ。大規模になればなるほど、個々の構成要素の全部に精通するなんてことは、困難を極める。

そして、開発やメンテのコストを効率化するため、マニュアル化作業が導入される。これは、出来上がった個々の構成要素を、マニュアル通りにつなげて行くことで、特別なノウハウが無くても誰でもシステムを組み上げることができるということを目標としている。

専門分化があまりにも高度になっちゃうと、例えばとなりのブロックがとんでもないことになっていて、瀕死の重傷で大火事が起きていても、気がつかずに(気がつくノウハウ、知識が無い)そのまま放置。発覚した際にはすでに手遅れなんてことはそう珍しい話では無い。もっとすごいケースだと、個々の要素はちゃんとできているが、繋げようとしたら全く繋がらなかったり、繋がるは繋がるが、信号伝達時の単位が異なっていてまともに動かなかったり。

そこで大切なのが、システム全体を、一体のものとして見て、状況把握して、判断、整理、処置できる能力なり体制。

言うは簡単だけど、実際難しいよね。これができるようになれば、そのコンサルだけで食って行けるだろう。

でも、本当に重要。私も開発現場に携わる人間として、改めて身を正して我が身を見直しておきたい。

しかし全然別件で驚いたのは、あの無停電装置、管制システムを(誰も気がつかぬ間)49分間もバックアップし続けたのだそうだ。すごい大容量なんだなぁ・・・

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [話題が少しずれますが、ニュースで「無停電電源装置(CVCF)」とあったので、あれ? UPSとは違うのか? と思い少し..]

_ 青木 [UPSっていうと、あの国際宅配でよくやってくるやつのほうが最近有名ですよね ^^) ]


2005年08月04日(木) 今日も暑っ。

_ 夏だから・・・

暑いのはアタリマエではあるのだが、本当に暑い。夜も毎日暑い。でも怯まずに頑張ろう!

_ アデニウム咲く。

7月30日に伊豆洋らんパークで買ってきたアデニウム。買ったときにちいちゃいつぼみがあったのだが、8月1日に突然花開き、写真のようなかわいい花でなごませてくれている。

別名「砂漠のバラ」というだけあって、なかなかに上品な感じ。我が家のバルコニーの灼熱の日々で、遠い熱帯の記憶がよみがえったのか至って元気。花は開花後まったく褪せることなく今日現在も、写真のごときに昼夜問わず咲き続けている。

ちょいと大きく写してみた真ん中のお花がアデニウム

2005年08月05日(金) うむうむ。

_ 金曜日なんだな。

うん。月初ということもあり、請求書発行したり、納品書発行したり。

_ スペースシャトル帰還日Fix。

8/8に帰ってくる。待ってるからね。

_ 立ち食いソバの作法。

いやその、そういう俺もさ、大学生とか、社会人デビュー時の新人大阪営業マン時代あたりの、世間知らずだった若造のときは、空気読めずに立ち食いソバで平気で「天ぷらソバ〜」とか叫んでたわけですよ。そんなとき、周囲に中年サラリーマン氏が居たりするとなんとなく睨まれているような気がするときもあったわけで。

今日現在俺39歳。自分では決して中年なんかになっていないつもりだけど、ハタチの時の俺が39歳のオッサンみたら絶対中年と認識したであろうことも事実だ。

そんな年代になった俺。確かに安易に立ち食いで「天ぷらソバ〜」なんて、叫べないよな。

うん。なんというか、ようやく少し大人になったのかな。


2005年08月06日(土) 長い長い一日。

_ これから・・・

ただ今午前4時半。これから清里へ。今日のお昼はロックで食べる予定。

_ 高原でのびのび。

いつもはもっと爽やかな空気なんだけど、今日はちょいと湿気が多い感じ。それでも都会のそれと比べたら雲泥の差で、大変に爽快。

心身ともにリフレッシュ。

爽快なのび

_ 明野村のひまわり。

これも毎年恒例。

今年は見たところ、まだまだつぼみのひまわりがたくさんあって、お盆明けぐらいまでは充分楽しめそう。

延々とひまわり

_ 想定外の出来事。

帰りは中央HW上野原で降りて、宮ヶ瀬-ヤビツ峠-東名 で帰ることに。

途中、詳細は省くが、自然界で遊んでいた娘がころんで頭を岩にぶつけて裂傷出血。着ていた服の頭ぶつけたほうの上半身が血まみれに。

病院にて救急扱いで処置(レントゲン&1針縫う)してもらい、家に帰宅したのが23時。

まぁ、外傷のみで問題無しということで、よかったよかった。

今日の出来事は、いろんな意味で、今後に活かしていきたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ 今村 [お見舞い申し上げます。 ウチの上の娘も、保育所ですっ転んでまゆ尻を切り、縫ったことがあります。 今もまるでボクサーの..]

_ 青木 [ありがとうございます。 私自身は、子供のころは頭に包丁が刺さって4針縫ったり、ブランコの綱が切れて木に激突して頭から..]


2005年08月07日(日) 24時間安静?!

_ 元気な娘。

昨晩病院にて、万一のこともあるので、24時間はなるべく安静にするようにして、容態を観察するようにとの指示を受けるが、大変に元気なので寝ているなんてのは当然無理。

まぁ、いつもより運動は極力控えるようにして、おうちで遊ばせておく。

傷口も全く痛みは無いとのことで、鎮痛剤は破棄処分。

明日診察してもらうための病院(外科)を探すが、ちょうどお盆休みの時期に合致していてなかなか見つからない。切り傷の耐えないであろう男の子のお友達の親御さんに情報提供を求めてみる。

まぁ、どこもなければ、私が処置(消毒?と今週末あたりに抜糸)してもいいのだが。


2005年08月08日(月) 腹減った。

_ 病院もお盆進行。

男の子友達の親御さん情報由来病院は、いずれも開業医であることもありまさに今週一杯どこも休診。

抜糸の時期がちょうど盆の時期(たぶん8/12ごろ)になるので、そのころにも最低限機能していそうな、ちょい大きめで自宅から苦労なく通える範囲の病院を探す。いくつか候補をあげてみるも、「よこはま乳腺と胃腸の病院」がよさそうな予感がしたので、そこに電話(By 家内)。

お盆期間中も午前中のみだが一般外来受付ありということで、直ちに通院先決定。

「乳腺と胃腸で、抜糸大丈夫?」という家内の声に、「消毒、縫合、抜糸は外科の基本だから、本当はどこでも大丈夫だよ」と、私。

開業医であれば、たぶん内科でもやってくれるんじゃないかって思う。

_ 消毒についてあれこれ。

「今日の先生は、傷を見て問題ないって言ってくれたんだけど、消毒もしないで見ただけ。大丈夫なのかなぁ。それにもう、まだ縫ってあるのに頭洗っていいって言ってた」と家内。

消毒ってのは、確かにいろんな考え方がある。私はどっちかっていうと病気や怪我の治療は、積極的な現代科学の介入を避け、本来生命体が持つ自然治癒力を期待するべきと思っている人なので(だから滅多に病院行かない)、傷口見て化膿してなく、傷の再建が進んでいるようであれば消毒は不要、綺麗な水で表面を洗い流しておくという方法を採る。

また、この傷口の化膿についても、傷口表面からの雑菌の侵入で化膿することは意外と少なく、全く別の要因であることも多い。だから、継続的な消毒行為は意味があまりなく、むしろ皮膚や皮下組織の再建を阻害することのほうが大きいため、あまりやらないほうがいいと思っている。

消毒が有効なのは、怪我して切り傷なり裂傷なりができた直後、傷がまだ生な時に1回のみ。このときも、周辺に綺麗な水があれば、消毒せずに綺麗な水で洗い流すだけで充分な場合がほとんどなんじゃないかな。但し傷が深くて破傷風リスクがあるときはまるで別。

だから、たいした意味も無く一応消毒なぞしてしまう医者に比べたら、今日の先生は良い先生なんじゃないかな。

_ 温湿度データロガー物色。

よんどころない理由で、温度と出来れば湿度のログを採りたい気持ちが強まった。測定点は5箇所ぐらい。で、温湿度データロガーをいろいろ調べてみると、結構面白いものがたくさんある。
無線LANでデータを飛ばすものあり、スタンドアロンでひたすら記録しつづけて、本体を回収してPCに吸い上げるものあり。
ただ、いずれも業務用途を想定しているようで、堅牢な作りであるが、それなりに高額。温度だけなら比較的安いけど、湿度が加わると、とたんに高額。5個も買ったら20万円ぐらいになってしまう。

そんななかで見つけたおもろいもの。

サーモクロンは、温度のみだけどイニシャル約35K円で、5箇所の計測が可能になる。しかもデータロガー本体が大変に小型なので、面白い測定ができそう。
でも、湿度もぜひ欲しいところだ。
同じ会社から、超薄型ミニ温湿度データロガーTK500なるものも出ているが、こちらは12個単位の販売で、141K円+IFキット12K円=約153K円だ。遊びで買うには少々気合のいる金額。しかも12点も要らないし。

う〜〜む、温度だけで妥協するか、でも、湿度も欲しいし・・・
う〜〜む、どうしようかなぁ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [最近は(消毒しない)湿潤療法がbetterということのようですから そのお医者さんは新しい情報に通じている(少なくと..]

_ 青木 [湿潤療法、初耳だったのでgoogleで調べてみました。 なんと、私が以前より思っていたことにほぼコンパチな内容で驚き..]

_ まつ [赤チン も よくない、 消毒 も よくない、 常識は世につれて変わる、という一例でしょうか。 そういえば 緑青も決し..]

_ 青木 [そうなんですよね。子供のころ、緑青の生えた10円玉を舐めて綺麗にしていた私ですが、大人になってから「緑青は猛毒」とい..]

_ 青木 [だから結果的には、緑青の猛毒性というのは都市伝説みたいなもので、実際には全然どうってことないんだなってことですね。 ..]

_ 青木 [なんだか連続書き込みですが、私の母の実家は栃木県の山奥で、子供のころは夏休みによく泊まりに行きました。 なので、銅と..]


2005年08月09日(火) ロガーな最近。

_ 結局ハイブリッド技で。

昨晩充分に時間をかけつつ検討し、極めて迅速に意思決定を下し、即注文しちまいました温湿度データロガー。

検討の結果、湿度は5点も要らない。同時比較測定2点でよいということになったので、温湿度データロガー「おんどとり」TR-72Uを2個と、あのちいちゃい面白いやつサーモクロンの「サーモマネジャーキット」(温度ロガー5個とIFキットのセット)を1式注文。

早く来ないかな。早く来い来い、データロガー。

_ 娘の四角いプチトマト。

ベネッセの進研ゼミをウチの娘はやっているのだが、そのなかの教材で、プチトマトを育てるつうものがやってきたのが数ヶ月前。四角い枠を実につけて、四角いトマトができるという趣向。で、私と娘とでそのセットをセットして、毎日水をやって育てつつ、実がなっていよいよ収穫の日が今日。

娘なりに、自分で育てた(といっても毎日水やっていたのはほとんど私だが)トマトを収穫するってのは、感慨深いらしく大変喜んでいた。 完全無農薬の自然栽培のプチトマト。せっかくだから、当然に食すことに。

四角い枠入りプチトマト

_ というわけで今日は恒例ステーキ焼き。

なぜか毎月一回は、私(と娘)で晩飯にステーキ焼くというのが恒例になっている我が家。つうことで今日、焼きましたよ。暑い夏には結構身体に堪える作業だけど、美味しく焼けると満足なので頑張ろう。

今日のソースは、赤ワインベースのすっぱい系ソースを狙う。レシピは:

  • 赤ワイン
  • 白ワインビネガー
  • ビール発泡酒(キリンのやわらか)
  • 麦茶
  • 醤油
  • 小麦粉少々

を、気分次第の比率で混ぜ、肉を焼いたあとのフライパンに入れて一煮立ち。
今日はなんと迂闊なことに、人参の茹で汁を、色止めを焦ったが故に全部捨てちまうという愚かなミスを犯してしまい、人参の茹で汁無しでのソースとなった。
が、結果、『かなりいいじゃん』って感じで、個人的には味は80点だ(これは滅多にない高得点)。ただ、ちょいとトロミが不足ってた感があり、総合で70点。ぎりぎり勘弁できるラインってところ。

でも家族にも大変に好評だったので、よしとしよう。

サーロインステーキ娘の四角いトマトも付け合せ

_ かにこむLANやばい?

今日、今まで極めて安定していた、かにこむLANのうち、無線系が二度もダウン。これ書いているたった今も、またダウン。

ルーターリスタートで復旧するも、なんかやばい予感。暑さでやられたか?

予備の系統もあるにはあるが、ESS IDとか、WEP暗号キーとか、忘れてしまった。まぁこれらはルーターから簡単に読み出せるけど、予備の系統の無線基地局が今使っているものと全く異なることもあり、設定の仕方がわからんつか、忘れた。

このまま無事動き続けることを、まずは祈ろう。

むむ? なんか近所と混信しているっぽいなぁ。チャンネルを変えて様子を見てみよう。


2005年08月10日(水) 曇りだが蒸し暑いっ。

_ 百葉箱。

温度データロガーは、発注分すべてが今週中に納品されることとなった。結局、総額約10万円の設備投資となったが、これで、温湿度2点、温度5点の連続観測が可能になったことを考えると、なかなか賢いチョイスだったと我ながら思う。

で、温湿度の1点は、我が家周辺の外気雰囲気を常時観測したいので、直射日光の当たりにくい北側バルコニーの風通しのよい場所へロガーを設置したい。雨ざらしにはできないので、手すりにくくりつけるような雰囲気の小型『百葉箱』(なつかし〜)の設置を検討する。

が、市販品を調べると、これまたどえらい高額。屋外スイッチボックスのような感じの小さいものでも、4万円だよ4万円。参考goole

市販品購入はやめて、直ちに自作に切り替える決断をする。

ヨドバシの通販の箱がちょうど白いので、これを工作して、防水ラッカーでも塗っておけばいいんじゃないか?


2005年08月11日(木) おうちな日。

_ 木曜日。

いつもは午前中、アポがある曜日であるのだが今日は、例外的にアポ無しの日。おうちで作業しつつ、午後になったら、気分転換がてら、近所のホームセンターで百葉箱の材料でも買ってくるか。

_ デジプリ株。

ここをお読みの皆さんのなかには、ご存知なかたも多いかと思うが、私は以前、デジプリという会社の役員をしていた。1997年から取締役として参画したので、いわゆる創業期メンバーと言えるかな。
2002年に辞めるまでの5年間、技術統括として役員を務めたが、このたび既報の通り、プラザクリエイトに買収されることとなった。
私は創業期に役員就任していたので当然に現株所有で、これまた当然?に、購入株はすべて、1株たりとも誰にも売らずに今もなお、手元にある。近い将来の対応に備え、念のために株券の確認(株数と名義)等を行う。

株券

きっと、100%子会社化を望むだろうから、引き続き株を手元におく選択をしても、近い将来、株式交換になるんだろうなぁ。

でもこうして改めて見ると、感慨深いものは確かにある。

結局私の在任中には、目立った成果は出せなかった。その後も、厳しい経営を迫られたことだと思う(だからこうなっているのだが)。
心残りであったことも多々あるし、資本主義的に言えば、こういう形で私も(かなり多大な)損失を受けたことになるが、しかし、後悔の念は全く無い。あるとすれば、自分の力が及ばず、結果が出せなかったことだけだ。それを除けば、あのような場に参画できて、あのような経験ができて、本当によかったと心の底から思っている。

各方面に出資のお願いをして回ったあのころのこと。気持ち。思い。そして、信頼して出資してくれたみなさん。一緒に生死を共にした仲間達。私も真剣に命がけだった。一ヶ月の睡眠時間合計が100時間切っていたし、一ヶ月の睡眠時間を除いた自宅滞在時間も、100時間無かったかもしれない。
いろいろあったが(本当にいろいろあった)、デジプリの経験から得たものは、とてつもなく大きいし、また、生涯の付き合いになるであろう貴重な人脈、仲間達もかけがえの無いものである。

今となっては、デジプリの経営自体には全く関係ない私であるが、でも、最悪な結末(倒X等)にならないでよかったってのが、本心かも。
今は関係ないとはいえ、過去に役員として参画していたことのある会社が、へんな結末になったら、やっぱやだもんね。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ Mew [青木さんにはデジプリ時代に本当にお世話になりました。 迷惑かけっぱなしでしたが僕自身もいろいろ学ばせて頂きました。結..]

_ 青木 [いや〜、なに言っているだい。ほんとお互い頑張ったよね。 また、鳥つねで、一杯やりたいね。 ]

_ Mew [はい!ぜひぜひよろしくお願いします。 ]


2005年08月12日(金) 抜糸。

_ 予定通り。

本日午前中、娘抜糸。ただいま家内と病院へ出かけ中。

_ 温湿度データロガーテスト稼動。

「おんどとり」と「サーモクロン」どちらもすでに納品された。対応が早いっていいね。

納品された温湿度データロガー達
写真のごとく、「サーモクロン」はとても小型。これで電池内蔵でスタンドアロンで動作するのだから、すごい。しかも、\2,700/個って、異様に安くない? 現在5個もあるので、管理が結構大変だが、とりあえず番号札つけて管理することに。もちろん各個体に、読み出し可能な識別番号は記録されているのだが。PCには、専用のリーダー経由USBでつなげて測定条件や測定値の記録条件を設定する。

「おんどとり」は、1個で3万円もするだけあってかなりの本格派。湿度も測れるしね。電池を入れるとすぐに測定を開始し、液晶部に温度と湿度を交互に表示しまくるので見ていても面白い。PCにはUSBでつなげて測定条件や測定値の記録条件を設定する点は、サーモクロンと同じ感じ。
今後、測定を開始するにおいて重要となるのは、絶対的な数値精度も重要だが、多点同時観測においてはそれ以上に「相対的な温湿度比較」の精度も重要だ。
よって、環境雰囲気が同じであろう場所に全部の測定装置をおいて、しばらく連続測定してお互いのバラつきを観察してみることに。

仲良く稼動テスト
「シンプルisベスト」の精神に則り、温度計の最終兵器はやはり「水銀/アルコール柱」だという考えのもと、今回のためにわざわざ百円ショップで調達してきたトラディショナルな温度計も同時に計測。ただしこちらは人間が目視で計測するので、計測時間はアトランダムである。が、その時点での計測温度でロガーと比較すれば、これも信頼できるだけの相対精度は確保できるだろう。

これで、お互いの関係を確認できたら、いよいよ実働か?

_ 「かにこむ観測所」準備開始?!

実は7月3日に導入した、10年来の夢であった扇風機(\1,280-)が、なんと数日前、壊れた。フィンは回るが、センターポールの内部で「ばきっ」と音がして、高さ調整ができなくなってしまったというもの。

で、かにこむ観測所開設のため、百葉箱を作ろうと思っていたこともあったので、扇風機の購入元である「コーナン」に昨日行ってきて、扇風機の交換ついでに木材を購入してきた。

いざ、百葉箱を作ろうとすると、意外とその構造が複雑というか、作るのが大変であることに気が付く。箱と言っても、周囲は板の重ねあわせで通気性を確保する構造なわけなので、実は箱ではなく、限りなく骨組みのみに近い。

ちゃんとラフ図面でもいいので書いてから来るべきだった・・・と、思いながらも、現場で適当に想像しながら、必要そうな木材を購入。

屋外常時設置なので、耐水性と耐久性の観点から檜材を選択。

当初は、丸二日(図面一日、工作一日)ぐらいでできるかな? なんて考えていたけど、実はおお甘だったかも。

そう考えると、4万円つうのも、あながち高いってわけでもないなぁ。

ちなみに扇風機は、買ったものと同じものがすでに在庫無く、返金&新規購入となった。で、今度買ったのは、なんと、リモコンとマイナスイオン放出機能付きのもので\1,980-と、格段にグレードアップ!(しかし基本メカは同一と思われる)。

これで夜中に暑くなっても、はいつくばって扇風機のところまで行かないでもよくなったよ。

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

_ 青木 [へんなのが来るようになったので、コメントキーフィルタ(comment_key.rb)を入れてみた。どうかな? ]

_ 青木 [再度テスト。 ]

_ まつ [百葉箱の価格の件、樹脂成形とか板金プレスとかで作れない (木材必須かつ多数の部品の組立必須の) 場合には安く作るのは..]

_ 青木 [サーモクロンは、絶対時刻はインプットできないような感じですが、でも実用上は、問題ないです。つうのも、PCからしか、測..]

_ まつ [ひとつふたつならOKと思うのですが、5個とかもっと多くなるとPCで開始時刻設定するのが面倒でないかな? と思ったので..]

_ 青木 [開始時刻は、相対でない時刻(例えばmm月dd日の、hh:mm:ssから開始)で指定できるので、それほど面倒では無いで..]

_ まつ [「相対でない時刻(例えばmm月dd日の、hh:mm:ssから開始)で指定できる」のことを、私は「絶対時刻をインプット..]

_ 青木 [xlsファイルでデータ保存可能なので、excel経由でcsv等に変換可能です。.xlsで無しに、はじめからcsvで保..]


2005年08月13日(土) 娘不在日。

_ 家内とお出かけ。

毎年夏休み(と場合によっては春休みも)になると、娘が私の実家・・・すなわち、娘にとってはパパじいちゃん、ばぁちゃんの家・・・へ、お泊りに行く。

ほんとうは木曜日から3泊の予定だったのだが、抜糸の件もあり、昨日金曜日から2泊の予定で、私の実家に泊まりに行っている。

つうわけで今日は娘不在日。なので、家内と二人で、川崎方面に遊びに行くことに。

_ 25年ぐらいぶりの赤桃飯店。

川崎といえば私が生まれ育った街。子供のころ、私の家は、食うに困るほど貧乏では無かったが、相当に質素倹約であったことは確実。同じクラスの友達がもっていたおもちゃや遊び道具が、ほんとうに羨ましかったし、ウチでは確実に買ってもらえないと子供心に理解する程度に質素倹約であった。
そんな子供時代、たま〜に家族で、外食なぞすることがあり、それはそれはとても楽しかったものだ。外食なんつっても、ラーメン屋とか、そういうレベルだが。

で、赤桃飯店。川崎区の仲見世通り、東田公園そばという、別に全然危なく無いのだけど、微妙にいかがわしい雰囲気(25年前に比べれば、今は全然健全)の、昔懐かしい川崎の雰囲気をほんのちょっとだけ留めているところにあるのだが、昔家族でよく行った中華料理屋さん。というより、当時はラーメンしか食べたこと無かったので、私の認識としては、ラーメン屋さんという記憶。

最後に行ったのは確か中学生時代。かれこれ25年ぐらい前だ。ふとしたきっかけで過日、赤桃飯店の前を通ることがあり、『懐かしいなぁ。あのときのままの雰囲気だなぁ』と、思うことがあり、本日ついに、ランチを食いに行ってみることに。
懐かしい空気
店内、いや〜、昔のままでしたよ。妙に懐かしく、妙に落ち着いてしまう私。高校野球のTVを見ながらビール飲みつつ主人?とおぼしき人と世間話なぞ。私の記憶では、当時チャーシュー麺が確か650円か、680円であったのが、今現在750円。ほとんど値上がりしてないね。ワンタン麺は500円だった記憶があるが、今現在550円。


過去にはラーメン系(と一度だけ、ワンタン麺食べたかった時、「ワンタン」とだけしか言わずにワンタンスープのみ食べたときあり)しか食べたこと無かったのだけど、今日は奮発してエビチリ定食を(家内は焼きソバ。あと、ぐるなびのクーポン対象で、餃子1枚)。

エビチリ気合の値付け気合のエビチリ美味い



ボリューム満点で味も二重○。
大変に満足の昼食であった。

ぐるなびのクーポンを印刷して持っていったら、サービス対象品で無かったのに安くしてくれた。気前の良いご主人?とおぼしき人。よって、破格とも言える値段で、エビチリ定食いただけた。ごちそうさま。

しかし赤桃飯店がぐるなびに出ていたってのは驚き。ちなみに店のご主人?とおぼしき人曰く「いや〜、わたしゃぁまるでわからんだけど、若いのにやってもらって六月から出してみたんだよね〜」とのこと。

_ ディナーはIL PINOLOでイタリアン。

その後映画(宇宙戦争)を見ようと思い、ラ チッタデッラに行くも混雑満席で見れず。仕方が無いので適当に時間を潰して、昨日のうちに予約しておいたIL PINOLO(イルピノーロ)でディナー。

ここは、いつだったか数年前?にも、娘も一緒の家族三人でランチで来たことがあり、結構高額であったがそれなりの満足感があったお店。なので、ディナーでもきっと満足感高いだろうと思って、思い切ってみた。ディナーとなるとさすがに大人の時間なので、娘連れでは来れないからね。
結果、うん、満足満足。前回も感じたのだけど、お店のスタッフの接客レベルは、比較的高いほうだと思う。いわゆる定型対応だけでなく、アドリブというか、個性というか、良い意味でのおもしろおかしい個性的な対応に出会えるのも、楽しみの一つかも。まぁ高額なお店なので、当然と言ってしまえばそれまでかも知れないが、同じ程度高額な店でも不満足な対応されることもまぁあるわけで、こういう店舗努力というのは、私は素直に歓迎&喜びたい。
結果、ワイン代なども入れて昼食予算のざっくり10倍近い値段となってしまったが、まぁ、たまには(家内サービスという面も考慮して)こういうひとときも、いいっすよね。

でも、やっぱどうもこういう、お洒落っぽい店は終始落ち着かず、私的身分不相応な空気を終始感じるんだな。赤桃飯店のリラックス感とは全く違う、心地よい緊張感に包まれたひとときって感じ?

餃子を箸でつまみながら瓶ビールっていうほうが、私の肌には確実に合っているな。

店内メインの魚(いさきだっけか?)

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ 赤桃調理隊 [赤桃飯店にお越しくださいまして、ありがとうございました。 たまたまブログの散歩中に見つけたこの記事。 このように載せ..]

_ 青木 [赤桃調理隊さん:いや〜まさか厨房担当さまからコメントいただけるとは感謝感激です。こんななんとも情けない記事でよろしけ..]


2005年08月14日(日)

_ あれ?

天候が取得できない。つか、取得データが古い。こういうときも、あるんだね。

ぉお、21:34に追記したら、取得できた。

_ 温湿度データロガーの記録データ回収。

テスト稼動していた都合7台のロガーを回収し、PCにデータを吸い上げてみた。

我が部屋の、8/12早朝から8/14夜までの間の、5分刻みのデータであるが、見ていると結構面白いね。俺が部屋に来て、エアコン入れたタイミングや、切ったタイミングがものの見事に記録されている。これはリアルタイムで公開できないなぁ(そんなつもりも無いし、そんなの意味もあまり無いと思うが)なんて思った。

お互いの相関は大変に高く、これなら、個体の差を考慮しておけば充分同時比較に使用できそう。

百葉箱の製作を急がねば。

サーモクロン4号と、サーモクロン5号のばらつきが大きいように感じるが、サンプリング時一番外側の通気の良さそうな場所にあったためか? いやでもデータを見る限りでは、反応速度差というよりは、4号は高めに、5号は低めに出る傾向が明らかにあるので、個体差と考えるべきだろうな。

8月14日0900-1500の温度変化
サーモクロン配置状況

2005年08月15日(月) 終戦記念日。

_ うん。

風化させてはいけないもの、消滅させてはいけないものってのは、最終的にはそう思う人達が、信念もって残していくしかない。

その信念は、やがて、共鳴してくれる人達を必然的に引き寄せ、その思いは少しずつだけど確実に広がっていく。

あまり気張っても仕方ない。まずは出来るところから、しかし、至極真剣に、真摯に。

これが、全てにおける、第一歩の原則。


2005年08月16日(火) 宮城県で地震。

_ ゆっさゆっさと1分間以上。

7月23日夕方にあった、千葉県北西部震源の時、我が家は震度5弱。このときは明らかなP波を体感することができ、その波形の鋭さから「結構近くて大きめだな」と、瞬間的に心の準備をすることができた。

今日のは、P波っぽいものを体感はしたが、その波形はかなりなまっていたので、「遠い震源だなぁ・・・」なんてのんきに考えていたら、揺れがどんどん増幅。体感震度4+ぐらいまで強まり、また1分ぐらい時間をかけて収束。

いよいよ近いウチかなぁ。


2005年08月17日(水) もう秋。

_ 赤とんぼ。

今朝、バルコニーに赤とんぼ飛来。

気温は30度あるも、じめじめ感低く窓を開けて自然換気で爽やかな空気。

改めて、もう秋だね・・・って感じの朝。


2005年08月18日(木) ・・・・

_ 百葉箱。

いろいろ考えてみたのだが、所謂自然通気開放型の普通の百葉箱構造にした場合、空気的には中は素通しなわけで(アタリマエだ)、外界と遮断されていない(当然だ)。
つうことは、設置後一週間もしたら、中に蜘蛛の巣張ってたり、コガネムシが避暑ってたり、謎の蛹が熟成ってたりするかもしれない。しれないではなく、ほぼ確実にそうなる気がする。そういえば小学生のころ、校庭にあった百葉箱の中、いろんな虫が居た気がする。が、小学校の校庭にあるような百葉箱は、中が絶対的に広いのと、原始的な測定器しかなかったこともあり、多少蜘蛛の巣張ってようがたいして問題ではなかった。

ところが今回計画している「かにこむ観測所」の場合、事情は大きく異なる。

設置場所の制約から、百葉箱自体たいそう小型にしないといけない。イメージ的には、卓上ティッシュの箱2個分ぐらいだ。そして、中に入れるものは「おんどとり」と、将来はガイガー計数器も入れたいと考えているので、かなり精密な機器類が入ることとなる。
小さい空間なので、空間的な冗長性は皆無に近い。蜘蛛の巣張られたらたまらんし、コガネムシがセンサーにつかまっていても、困る。
ということから、自然通気開放型だとなんだかまずいような気がしてきたので、急遽、強制通気閉鎖型(勝手に命名)の百葉箱を検討する。

ラフスケッチ

箱は木製で白く塗るのは普通の百葉箱と同じ。ただし構造は、閉鎖空間とし、下部に外気取り入れ用のダクトを設置し、簡単なダストフィルターを設置する。上部には、排気用のファンをおき、内部を強制換気することで、下部ダクトより外気をサンプリングするというもの。

この方式なら、内部もある程度のクリーン度が期待できるし、蜘蛛の巣張ったりコガネムシが入ったりするようなこともないだろう。
が、大きな問題が1点ある。それは、排気ファン用の電源が必要になるということだ。「おんどとり」も「サーモクロン」も、電源内蔵のスタンドアロンで動くので、百葉箱も無電源でよければ非常にシンプルになるのだが・・・

この点だけが、ひっかかるところだ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [百葉箱の内(外)側に網戸用の網を張り巡らせる「蚊帳風」はいかがでしょうか。 ]

_ 青木 [それも考えたのですが、我が家のバルコニーでの実績だと、網戸ぐらいの目の粗さだと、いろんなものが潜り抜けてくるんですよ..]

_ まつ [我が家の網戸は1cmあたり約6目ある網なのですが、ほとんどの虫系は防御できています。 やっぱり場所の差が大きいのかな..]

_ 青木 [都会の虫は小さいのが多いのかな。確かに普通の蚊とかガガンボなど、そのへんのは防御できるのですが、ちいさい蜘蛛とか。ダ..]

_ まつ [なるほど。 でも、それほどの細かい虫たちを防ぐために ・細かいフィルタにすると圧を稼ぐ必要がある ・居つかないくらい..]

_ 青木 [あまり消費電力増やしたくないので、ファンはほんとうに小さいやつで済ませたいところです。だから、対虫対策は、ちょいと工..]


2005年08月19日(金) 暑い暑い暑い。

_ 汗みどろ。

今日はクライアントのオフィスでお仕事の日。

電車&徒歩で移動するも、まさに汗みどろ。

街吹く風には確実に秋の気配があるものの、まだまだ残暑は厳しい。


2005年08月20日(土) 残暑MAX。

_ 家族でズーラシア。

行ってきた。いや〜、暑い暑い。でもね、なかなか面白かった。動物たちも暑さで結構ばて気味なのが多かったけどね。

_ 天候情報。

どうも土日は取得しにくいというか、更新頻度が落ちるのか?な。

今日も、8時の時点で取得できず、夜の更新で取得できたって感じ。

_ 花火大会。

毎年恒例多摩川のやつ。

宮内北側付近がすごい人なのに驚く。あのへん最近マンション建ったり戸建分譲が急増したりで、人口増えたんだなぁってのを、実感。

_ 酒飲み過ぎ。

暑いせいもあるんだけど、今日一日でビール系(発泡酒含む)2500ml、ワイン500ml、ウイスキィ60ml摂取。現在さらに摂取継続中。


2005年08月21日(日) 暑いけど秋風。

_ 早朝爽やかな南風。

寝苦しい夜が過ぎ去り訪れる朝。南向きのリビングの窓を開けると、爽やかな風が一気に押し寄せてきた。

北側に面した部屋の窓を開けると、廊下伝いでほぼ、一直線に抜ける風路が出来る。

室内の温度計は、いきなり30度をマークしているが、それでも吹き抜ける風は爽やかで、確かに秋の空気である。

_ 薔薇に追肥。

薔薇の花を咲かせるのは、ちょいと難しい部類の園芸オペレーションになるかと思うが、去年買った薔薇の株。去年に数回咲き、今年もなんとかつい最近、咲かせることに成功。去年以前かな? に買った野薔薇っぽいやつ2株も、何度か咲かせており、今年もひとつはすでに咲き、ひとつは現在つぼみ中。

そこで、さらに咲いてもらうために本日剪定&加工牛糞を追肥。

つぼみの薔薇は、これで2週間もしないうちに綺麗な花を見せてくれるだろう。

現在咲いている野薔薇 現在つぼみの野薔薇

_ アルコール摂取量削減プロジェクト。

本日いろんなメーカー、銘柄のノンアルコールビールを調達してきた。

ノンアルコールと言っても、酒税法上酒と分類されない、アルコール度数1%未満のものということなので、実際には、0.5%ぐらい入っている。

とはいえ、3.5%とか、5%のものを1日1リットル以上飲むことを考えると、この半分を0.5%に置き換えることができれば多少は肝臓への負担も減少するだろう。

ということで、1日あたりのエタノール摂取量を、80ml以下にするべく、本日よりアルコール摂取量削減プロジェクトを開始することにした。

目標値としては、毎日ビール500ml、日本酒360mlぐらいな感じに押さえたい。従来摂取量比でまずは3割程度削減目標だ。


2005年08月22日(月)

_ お門違いに過保護な日本。

asahi.com(http://www.asahi.com/national/update/0822/TKY200508210229.html)から一部引用。

-----
津波避難指示、無視の海水浴客も 宮城県沖地震
2005年08月22日03時07分

大きな地震があれば、続いて津波が押し寄せる恐れがある。16日に地震があった宮城県では自治体がヘリコプターや防災行政無線から海水浴客らに情報を流したが、避難の指示を無視した人もいた。津波から観光客をどう守るのか。自治体にとっては大きな課題だ。

(-途中省略-)

両市などによると、多くの住民が自主的に避難したが、石巻市の海岸では海で遊んでいた家族連れの中に避難に応じない海水浴客がいた。

(-以後省略-)
-----

必ず出てくるこの手の問題。私の感覚からすると、理解できない点が多々あるのだが、毎回思うのは、日本はあまりに過保護というか、なんというか、おかしいところがある。

地震が来れば津波が来るかもしれないことはアタリマエなのである。このアタリマエなことをまだ知らない子供達が、遊んでいたというのであれば話は別だ。これはなんとかして強制退去させてあげたい。

しかしだ、家族連れってことであれば大人が当然居るだろうし、大人は大人なわけだ。本来なんのアナウンスが無くても地震を感知したら家族ぐるみで避難決定するのが普通だと思うが、「避難に応じない」ということはどういうことだろうか。全く理解できない。

分別ある大人同士が、薄暗い山道で出会ったときの会話という仮定。

「この先、崖になっているので、行かないでください。落ちます。」
『いえ、いいんです。私はこの先に行きたいんです。』
「本当に落ちますよ。」
『いえ、いいんです。』

で、行ってしまった人は崖から落ちた。当たり前だよね。この場合、落ちた人間は自己責任下において、行為を自己で選択した結果、落ちたのであって、それ以上でも以下でも無いでしょう。また、忠告してあげた人も、最大限のことはしたし、これ以上のことは、できないよね? 羽交い絞めにしてでも、留まらせるべき? 山というロケーションに居て、薄暗い道。自然界の中に居れば当然予測できない危険が待ち構えているであろう警戒感は常に持っていないといけない。そんななかで、忠告までしてくれる親切な人が居たにもかかわらず、落ちた。これはもう、完全に自業自得としか言い様が無い。

「津波から観光客をどう守るのか。自治体にとっては大きな課題だ。」とあるけど、俺としては少なくとも、「避難指示無視大人」なんてものは、ほっておいていいと思う。大自然をなめているのか? それとも本当にアホなのかわからないが。

地震が来たので警報を流した。津波が来るかもしれないので、避難指示を一所懸命流した。地理的条件で案内が届かない場所もあるので、車やヘリ、徒歩などで避難するよう、案内を周知徹底した。そして、高台へ避難者を誘導した。
ここまでしかできないだろうし、ここまでやれば、現状bestだろう。他にやるべきことがあるとすれば、案内が届かないかもしれない死角を少しでも減らすことと、情報伝達時間を少しでも短くすること、避難経路、場所の整備などであって、避難指示を無視する人間への対応など、プライオリティー最低(項目外)で結構だと思う。

しかし唯一なんとかしてあげたいのは、家族連れの子供達だ。それも、もし幼かったりしたら、バカ親が「大丈夫」って言ったら当然そのまま鵜呑みにするだろう。馬鹿な親の子として産まれたから仕方ない・・・じゃ、すまされん。子供に罪は無い。

今回は被害が無かったから偶然ラッキーだったが、過去の神奈川県の玄倉川での大雨洪水ダム放流時の玄倉川水難事故などは、子供含めて多くの犠牲者が出た。
犠牲になられた子供達はほんとうにいたたまれない。しかし、この事故の原因が、その場に居た、マトモな判断のできなかった大人にあった点では、問題の本質は上記と共通だろう(再三の避難指示(命令)無視、再三のダム放流サイレン無視、洪水警報発令時に山岳地帯河川の中洲でキャンプするか?)。

くれぐれも、お門違いな責任問題などにならぬよう、自然界で遊ぶ際は、自分の身は自分で守るという至極当然な点を再認識し、改めて自分への戒めとしたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [激しく同意します。 先日、近くの海水浴場に遊びに行った際、 目の前(本当に目の前)で溺れた人が引き上げられる場面に ..]

_ 青木 [正当でない自己責任の横行はとてもいやですよね、ほんと。 一時、ずいぶん流行りましたが最近落ち着いたようで、よかったで..]


2005年08月23日(火) 台風接近?

_ 今日も取得できない。

天候情報。うむ。

_ 激しい夕立。

すごい雨と雷。南側バルコニーにおいてあるサンスベリアやアデニウム、金のなる木など、過剰な水分を嫌う植物達を急遽退避させる。雨でびしょびしょになる。

せっかく今日の夕方から熱帯夜観測を開始しようとしたのに、なんだか今夜は過ごしやすそう。

_ 天候情報。

21時前の更新で取得。でも少々遅れ気味。

_ おんどとり。

百葉箱の製作が、時間が取れずに難航しているので、とりあえず「熱帯夜」の現状を観測することにしてみた。
リビングに面した和室で寝ているのであるが、いつも就寝前に、リビングのエアコンを除湿で2時間タイマー運転している。和室にもエアコンはあるのだが、これをオンにすると、除湿の「風ないス」運転でも、エアコン風が感じられてあまりよろしくない感じ。なので、リビング空間を空気バッファとして、間接的に除湿空気を貰うという寸法だ。
で、だ。このリビングのエアコンがタイマーで切れたあと、毎晩のごとく暑さで目が覚めてしまう。
一体どんなことが起きているのか、ちょいと定量的に観測してみることにした。

簡易製作の図

観測に先立ち、環境変化の過敏な干渉を避けるため、屋内専用簡易百葉箱?を、急遽紙で製作することにした。
完成した百葉箱の反応速度を調べるため、百葉箱内側と、直近の外側に「おんどとり」を置いて、測定値の時間変化を調べてみた。


反応時間計測結果

30秒おきにサンプリングとし、除湿の効いた室内から、空調していない部屋へ持って行ったりして反応速度を見てみたが、百葉箱は良好に機能しているようだ。また、その計測データの変動もいい感じにLPFが効いたような感じになっており、まずまず良好。
これを用いて、屋内計測してみることにした。


超簡易計測箱

一方、紙製とは言えこの簡易百葉箱、製作に小一時間かかる。どうせ屋内なのだからということで、さらに超簡易な箱を製作してみた。百葉箱と呼ぶにはあまりにうしろめたさを感じるので、計測箱としてみた。
外装がCZPなのは、なにか意味があるわけではなく、先日山のように印刷を試みたA3サイズCZPチャートの失敗出力を有効活用したまで。


2005年08月24日(水) 涼しい!

_ 熱帯夜観測初日明け。

う〜〜〜ん、昨夜〜今朝は比較的涼しかった。たぶん室内においても熱帯夜じゃ無かったのでは?

熱帯夜観測的には、いまいちがっかり。でもよく寝られたのだけど。

_ 朝からユッケジャン。

なにをトチ狂ったか、朝飯にユッケジャンを作って食べる。一気にヒートアップ。

_ サーモクロンの元?

なにげなくwebをさまよっていたら、iButtonなんつうものを見つけた。なんだか、サーモクロンの元みたいだぞ。


2005年08月25日(木) 台風に備え。

_ 植物避難。

薔薇が咲いた 8月23日に、突発的な強風対策で念のために軽く避難させといたのだが、台風接近に伴い本格的に避難を行った。 そんななか、8月21日につぼみだった薔薇がいきなり満開しているのを発見。予想よりずいぶん早い開花であった。


黄色いのは今のうち これは、別の株。手前に咲いている黄色い花と、奥に見える二つのピンク色の花は、同じ株から出ている枝。この薔薇は面白いことに、咲き始めは黄色いけど、満開の頃を境に、奥の花のようにピンク化する。黄色い花も、よ〜く見るとはじっこがピンク化しはじめていることが確認できるでしょ?

_ おんどとり。

せっかくの?台風接近であるが、屋外観測体制はまだ未整備。残念。まぁ、仕方ない。来年に備えて基礎データ取りに勤しもう。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [関東(南部)はこれから台風を迎えることになりそうですが、 温湿度プラス気圧計があったら、興味深いデータが得られそうで..]

_ 青木 [いや〜、そうなんですよ。確かに気圧も欲しいですね。気圧ロガーは高いだろうなぁ。 ]

_ まつ [少し前まで使っていた腕時計(カシオ)には気圧計があり、過去データも数点ですが残るので経緯が見て取れました。 もちろん..]


2005年08月26日(金) 台風一過?

_ どんより曇り空。

あんまり台風一過って感じじゃないぞ。夜中にときおり激しい風と雨があったものの、被害はほとんど無しだった。

_ いたずら対策。

もう、困ったものだ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ まつ [いたずら!? 何でしょう... (独り言なのでお返事不要です) 昔は「ピンポン」いたずらとかがポピュラーだったような..]

_ 青木 [kani.comや、その他私が管理するドメイン(kani.com以外に4つ持っているのですが)のいくつかが、リモート..]


2005年08月27日(土) サメ吉。

_ ハンズメッセな日。

今日は朝9時すぎに家族そろって自宅を出発。横浜へ向かう。 毎年この時期に行われるハンズメッセ(東急ハンズの特売みたいなもの)に行くためだ。 毎年ハンズメッセって聞くと、「もう夏も終わりだなぁ」って感じるのであった。まだまだ残暑は続くけどね。 で、家内も娘も、めいめいにいろんな細かいものを買っているのだが、私はっつうと、メッセ品とはまるで関係ない、通常の商品ばかりをいくつかゲット。

サメ吉 そのひとつがこの「サメ吉」。山葵用のおろし金である。私は山葵がたいそう好きで、安曇野まで食べに行ったこともあるし、世田谷住まいのころは、行きつけの魚屋さん(上野毛にある宇田川)に行くと、必ず「別オーダー」で、山葵だけ貰っていた。ところが自宅では、適当に妥協してしまって自らすりおろすことをしていなかったのだけど今日、調理器具売り場をふらついていて偶然に目が留まる。これぞ運命の出会い。

「生山葵買ってきてさ、これですりおろしてさ、かんぱちの刺身なんかあったらたまんないね」

なんて想像しただけで涎が垂れそうになる。速攻でゲット。
他にも、銅に錫鍍金のすごいのもあったけど、まずは入門編ということで。


ゲット品 他に買ったものは、写真のもの達(箱物3点)。

ロープウェイの工作キットは、これとほとんど同じようなものが、私が小学生のころにもあって、欲しくて欲しくてたまらなかったけど買えなかった一品。三十年の歳月を経て、ようやく手にできた。
発電機は、娘と一緒に作って遊ぶ&災害時の緊急電力として使えるという一石二鳥を狙って。
手作り望遠鏡セットは、一見地味だけどかなりちゃんとしていそうなのでゲット。口径50mmで14倍のものが出来る。この倍率なら、手持ちもしくは簡易台で天体観察するのにちょうどいいだろう。これも娘と一緒に作って、中秋の名月を観望する目論見だ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ えーわい [その、ロープーウェイ作りましたよ、ただ部屋が狭かったので 距離が稼げなく、忙しかったのを思い出しました。 ]

_ 青木 [ぉお。これってやっぱ、男の子の欲しくなるアイテムのひとつですよね。 ]


2005年08月28日(日) すっかり秋っぽい。

_ 過ごしやすい一日。

なんとなく空気も湿気が少なめで、過ごしやすい一日であった。

_ 手間を惜しむな。

またまたasahi.comからの引用(http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY200508270281.html)で恐縮だが。

-----
愛称「うーみん」が同じ 香川・宇多津町と海保
2005年08月28日06時26分

香川県宇多津町が町おこしに作ったイメージキャラクターの愛称「うーみん」が、海上保安庁のマスコットの愛称と同じだったことがわかった。
(以下省略)
-----

町は、同じ愛称があるとは考えもしなかったと。頼むから今後は考えてくれ。
こういうの、よくあるよね。でも普通は、愛称を決めるときって、先行登録調査とか、同じようなものがないかの調査ぐらいするだろうって思うんだけどな。googleするだけでもいきなり「うーみん」にヒットするんだからさ、手間を惜しむのはやめよう。
俺ですら、新しいソフトの名前決めたり、なにかの名称決めるときは、商標調査はもちろん、google等で(以前はniftyの検索サービス使ってたりしたこともあった)同じような名称が無いか、調べたりするんだからさ。

町はこのまま商標登録するそうだが、『登録していなかった海上保安庁は「先を越されたことより、応募した人も選んだ人も知らなかったことがショック」。 』。

この気持ちよくわかる。

しかし俺もうーみんは、知らなかった。今回のニュースで多少は有名になったのでは?>海保のうーみん。

同じ系統?のキャラで、「カスタム君」ってのもある。こちらは「うーみん」よりは有名かな? 俺もカスタム君のグッズは、キーホルダー等いくつか持っているし、お台場あたりのイベントでも、よく出てくるしね。
一見怪しいブツ(本当は決して怪しいものでは無い)の個人輸入時に、書類のみで税関を突破できなかった場合など税関からお呼びがかかるが、そんなときに、机の上にこいつが居たりする。一度税関に、「カスタム君のぬいぐるみは売ってないの?」って質問したことがあったけど、「よく問い合わせいただくのですが、残念ながら一般に販売しているものはありません」とのことだった。机の上に居るやつを指差して、「これくれ」って言っても・・・もらえないだろうな(当然)。

余談だがこのページのカスタム君、はじめての海外旅行でいきなりハジキの売人と接触(しかも税関突破)するなんて、只者では無いな。

_ 激しくぱっとしない。

解析結果を元に、アルゴリズムコード(C++)を起こそうとするも、どうもだめだ。乗り気がしない・・・じゃなくて、気が乗らない。

こういうときってあるんだよね。

過去の経験からすると、こういうときに無理して作業を進めても、そこそこなものは出来るかもしれないがあまりよいものは出来ない。

こんなときは、風呂入ってビール飲んで日本酒呑むとするか。

今日はマックスバリューで山葵(静岡県産)を買ってきたので、サメ吉デビューだ。

山葵のアテは、大トロ(!)の刺身と鰹のたたき。柵で買ったので、気分次第で切ってやる。

_ サメ吉デビューの図。

サメ吉デビュー 一応写真なぞ。

で、すり心地だが、大変にGoodである。サメ吉の説明書に書いてある通り、山葵が非常にクリーミィになり、すればするほどに、あたり一面そこはかとないあの、山葵の素敵な香りに包まれる。

意味も無くすって喜んでみたり、ご飯にかけて食べてみたり。

山葵好きにはたまらんですな、これ。

ただあえて難点を言えば、『生山葵ってなんであんなに高価なんだっ!』ってことぐらいか。写真のは、今日使う分だけ切ったあとのものだが、切る前の長さはこれの倍ぐらい。葉っぱ側を残してあるので体積的にはここに写っている山葵の倍ぐらいのものがまだ残っていることになるが、これで五百円もする。
秋刀魚が一刀百円であることを考えると、超高級食材だな。

でもやっぱ山葵好きにはたまらんですな、これ。


2005年08月29日(月) 早起きした月曜日。

_ さらっとした空気。

朝いちばんに、南側の窓を開けてやってきた風は、確かに秋の風だった。

ここ2,3日で、すっかり周りが秋だらけになった。

_ 朝から実装。

昨日とは打って変わって効率の良い・・・というか、やる気のありありな今日。気分転換、気持ちの切り換えは、やはり重要。

人生限りある時間を、有意義に過ごそう。

_ 引き続き実装。

はや21時前。途中短い食事休憩挟むも、ぶっ通しで12時間以上解析&実装作業。いろんなコマい問題はあるものの、無形のものが有形になっていく過程ってとても楽しい。あ、今やっているのはアルゴリズムだから、無形と言えば無形なんだけど、なんというかこう、アイデアとか概念だったものを、現実世界で動く実体へと具現化する過程って言えばいいかな。

しかし目に見える結果として表現するにはまだまだだ。

頭の中では完成しているので、頑張ろう。

_ もうすぐ26時。

いや〜、今日は久しぶりにこんなにも集中&ぶっ通しでコーディング&テストランしたな。結構充実感あるかも。

でもまだまだ先は長い。ようやくスタートラインに立てることが判明したって感じかな? でも、この一歩一歩が実に重要。

仕事のまとめして、ウイスキィでクールダウンして、寝よ。


2005年08月30日(火) 今日も早起き。

_ 睡眠時間3.5時間。

でも全然元気。寝起きすっきりで爽やかな目覚め。

やはり、好きなことやっている時つうのは、身も心もよい意味で戦闘モードだね。でも4時間切ったのは、久しぶりかも。ここのところ5時間前後は寝てたからなぁ(夏バテ防止対策という側面もあり)。

今日も頑張ろう。

_ 娘が小学校へ行く。

昨日で夏休み終了。今日から授業。二学期制なので、「今日から二学期」と言えないところがなにか不自然。俺らが小学生んときは、二学期制なんて聞いたことなかったからね。

_ 備忘録。

朝8時29分、31メーターバンド(9.8MHz前後。自作受信機なので細かい周波数読めず)で日本語の試験放送受信。0830 S/OFF。

なんだ?


2005年08月31日(水) ・・・・

_ 今日で8月もお仕舞い。

明日から9月かぁ。頑張ろう。

今年の秋は、旅に出たいな。


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2005年
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。