最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2013年06月25日(火) お久しぶりです・・・

_ 東京都議選の投票率に思う。(10時55分記)

私のかなり重度な妄想的考察です。本気で読まないでくださいね ^^)

--------

東京都議選の投票率:43.5%。

東京都の有権者数は約1千万人。投票率が43.5%だったってことは、約435万人が投票したということであり、約565万人が棄権したということ。

棄権者約565万人って、すさまじい人数だ。

同じ棄権でも、いろいろな理由があるとは思うが、政治への無関心が根底にあることは、間違いないと思う。

このすさまじい無関心は、どこからやってくるのか、少し考えてみた・・・のだけれど、なかなか答えは出てこない(当たり前だ)。

まだまだ考察中なのだけど、ひとつ、関係ありそうなのは、地域社会の崩壊という今の時代の姿。

地域社会・・・っていうと、ちょっと抽象的すぎるが、要は、他人との間の繋がりの希薄化。独り暮らしの人が誰にも知られずに自室で死んでいたなんていう痛ましい事件があったり、街中でも、子どもが転んでぎゃーぎゃー泣いているのに、その横をスマホ見ながら通過していく人が大勢居たり・・・もちろん、全部が全部、そういうケースばかりでは無いとは思うけど、少なくとも私が子どものころには見られなかった、「我、関せず」バリアを張った人たちが、増えていることを私は感じている。

なにがそうさせたのか。

大きな会社には必ずあった労働組合、これは、終身雇用制があってこそ、本来の機能が発揮される面がある。労働組合の弱体化、解消という流れは、従業員同士の、仕事以外での横のつながりを希薄化し、仲間意識を薄いものとする。

終身雇用制はすでに大昔のものとなってしまったが、私が社会人となった1988年当時は、転職という行為は、まだそれほどメジャーでは無かったが、ぼちぼち聞きはじめる言葉でもあった。

1988年1月、リクルートから転職情報誌「ビーイング」が発刊される。このころから、従業員の流動化・・・すなわち、終身雇用制の崩壊に加速がついたのではないかと思う。

さらに、派遣法の改定による大規模な規制緩和でいわゆる正社員が減少し、その会社に所属しない「派遣従業員」が増える。

市井では個人情報保護法の策定により、学校ではクラス全員の連絡先を記載した緊急連絡網は作られなくなるケースが発生し、同じ町内会であっても、世帯相互のやりとりには気を遣うことも多いと聞く。

他にも多くの事象があるのだけれど、これらを考えると、個と個の繋がりを分断する流れが、あるように感じる。

誰が? 政府、国が。

何のために? 国民を結束させないために。

第五福竜丸事件では、ただの普通の主婦の呼びかけからはじまった署名運動が、日本全国に広がり、三千万人もの直筆署名を集めることに成功した。

1954年のことだ。当たり前だが携帯電話もインターネットも無い。駅前、街中で、普通の人が、歩いている普通の人に対して、紙とペンで署名をお願いするという時代で、どうやって三千万人もの直筆署名を集めることができたのか?

この課題は、一生かかって考察するにふさわしいものだと思う。

そして、政府、国は、この動きを心の底から恐れているのだと思う。

だから、同じことが出来ないように、日本国民に、同じことをされないように、実に巧妙に、巧みに、国民同士のつながりを希薄化し、個をばらばらにしようとしてきたのではないか?

私は終身雇用制が継続していれば、個人情報保護法が無ければよかったと言っているわけではない。これらはある面、時代の流れだから仕方のない面もあるだろう。しかし、それによって、個と個の繋がりを分断されてはいけない。

「我、関せず」バリアを張った人たちを、これ以上増やしてはいけないのだ。


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2013年
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。