トップ «前の日記(2005-08-21) 最新 次の日記(2005-08-23)» 編集

かにの泡ぶく


2005-08-22

_ お門違いに過保護な日本。

asahi.com(http://www.asahi.com/national/update/0822/TKY200508210229.html)から一部引用。

-----
津波避難指示、無視の海水浴客も 宮城県沖地震
2005年08月22日03時07分

大きな地震があれば、続いて津波が押し寄せる恐れがある。16日に地震があった宮城県では自治体がヘリコプターや防災行政無線から海水浴客らに情報を流したが、避難の指示を無視した人もいた。津波から観光客をどう守るのか。自治体にとっては大きな課題だ。

(-途中省略-)

両市などによると、多くの住民が自主的に避難したが、石巻市の海岸では海で遊んでいた家族連れの中に避難に応じない海水浴客がいた。

(-以後省略-)
-----

必ず出てくるこの手の問題。私の感覚からすると、理解できない点が多々あるのだが、毎回思うのは、日本はあまりに過保護というか、なんというか、おかしいところがある。

地震が来れば津波が来るかもしれないことはアタリマエなのである。このアタリマエなことをまだ知らない子供達が、遊んでいたというのであれば話は別だ。これはなんとかして強制退去させてあげたい。

しかしだ、家族連れってことであれば大人が当然居るだろうし、大人は大人なわけだ。本来なんのアナウンスが無くても地震を感知したら家族ぐるみで避難決定するのが普通だと思うが、「避難に応じない」ということはどういうことだろうか。全く理解できない。

分別ある大人同士が、薄暗い山道で出会ったときの会話という仮定。

「この先、崖になっているので、行かないでください。落ちます。」
『いえ、いいんです。私はこの先に行きたいんです。』
「本当に落ちますよ。」
『いえ、いいんです。』

で、行ってしまった人は崖から落ちた。当たり前だよね。この場合、落ちた人間は自己責任下において、行為を自己で選択した結果、落ちたのであって、それ以上でも以下でも無いでしょう。また、忠告してあげた人も、最大限のことはしたし、これ以上のことは、できないよね? 羽交い絞めにしてでも、留まらせるべき? 山というロケーションに居て、薄暗い道。自然界の中に居れば当然予測できない危険が待ち構えているであろう警戒感は常に持っていないといけない。そんななかで、忠告までしてくれる親切な人が居たにもかかわらず、落ちた。これはもう、完全に自業自得としか言い様が無い。

「津波から観光客をどう守るのか。自治体にとっては大きな課題だ。」とあるけど、俺としては少なくとも、「避難指示無視大人」なんてものは、ほっておいていいと思う。大自然をなめているのか? それとも本当にアホなのかわからないが。

地震が来たので警報を流した。津波が来るかもしれないので、避難指示を一所懸命流した。地理的条件で案内が届かない場所もあるので、車やヘリ、徒歩などで避難するよう、案内を周知徹底した。そして、高台へ避難者を誘導した。
ここまでしかできないだろうし、ここまでやれば、現状bestだろう。他にやるべきことがあるとすれば、案内が届かないかもしれない死角を少しでも減らすことと、情報伝達時間を少しでも短くすること、避難経路、場所の整備などであって、避難指示を無視する人間への対応など、プライオリティー最低(項目外)で結構だと思う。

しかし唯一なんとかしてあげたいのは、家族連れの子供達だ。それも、もし幼かったりしたら、バカ親が「大丈夫」って言ったら当然そのまま鵜呑みにするだろう。馬鹿な親の子として産まれたから仕方ない・・・じゃ、すまされん。子供に罪は無い。

今回は被害が無かったから偶然ラッキーだったが、過去の神奈川県の玄倉川での大雨洪水ダム放流時の玄倉川水難事故などは、子供含めて多くの犠牲者が出た。
犠牲になられた子供達はほんとうにいたたまれない。しかし、この事故の原因が、その場に居た、マトモな判断のできなかった大人にあった点では、問題の本質は上記と共通だろう(再三の避難指示(命令)無視、再三のダム放流サイレン無視、洪水警報発令時に山岳地帯河川の中洲でキャンプするか?)。

くれぐれも、お門違いな責任問題などにならぬよう、自然界で遊ぶ際は、自分の身は自分で守るという至極当然な点を再認識し、改めて自分への戒めとしたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ まつ (2005-08-23 02:21)

激しく同意します。<br>先日、近くの海水浴場に遊びに行った際、<br>目の前(本当に目の前)で溺れた人が引き上げられる場面に<br>遭遇しました。どうやら昼食後飲酒して素もぐり(のまねごと?)をしていた様子。 かわいそうだな、とは思ったのですが、<br>正当な意味で自己責任だなぁ とも感じたのでした。<br>(あまり正当でない「自己責任」の横行には不愉快な印象を持っています)

_ 青木 (2005-08-23 10:10)

正当でない自己責任の横行はとてもいやですよね、ほんと。<br>一時、ずいぶん流行りましたが最近落ち着いたようで、よかったです。


もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2017|12|
2018|09|12|
2019|02|03|
2005年
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


最新ツッコミ

  1. 青木@管理人 (09-11)
  2. 青木@管理人 (09-11)



  • 03月02日
    修復完了~
    • 1. 過去の日記の挿入画像、いちおう全て修復完了したつもりです。
  • 02月18日
    突然ですが・・・
    • 1. 過去の日記の挿入画像を修復中です。
  • 12月31日
    時は淡々と流れる。
  • 09月11日
    かにの泡ぶく破壊!
    • 1. まったくもう。
    • 2. Google検索ボタン付けてみた。
  • 12月31日
    新しい第一歩に向けて。
  • 12月31日
    平凡な日々を積み重ねて生きたい。
  • 05月07日
    デジタルカメラの画像処理。
    • 1. 思えば遠くに来たもんだ。
    • 2. 大雑把な流れ。
    • 3. デジタルカメラのホワイトバランス。
    • 4. ホワイトバランスの動き。
    • 5. 感度比をどうやって求めるか?
    • 6. 固定ホワイトバランス。
    • 7. オートホワイトバランス。
    • 8. ホワイトバランスシミュレータ。
    • 9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/
  • 04月29日
    久しぶりに更新。
    • 1. 大変ご無沙汰しております。
    • 2. お仕事募集〜 (^^)/
    • 3. 近況。
    • 4. 鎖骨骨折。
    • 5. 快晴だけど風強し。
  • 12月31日
    日々を積み重ねることで見えてくるもの。
  • 09月22日
    すっかり秋になりました。
    • 1. お久しぶりです。
    • 2. 給湯器がぶっ壊れた。
    • 4. 愚かな防潮堤建設計画。