最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。
熊本地震並びに東北地方太平洋沖地震で被災されたみなさま、心からお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方、ご冥福をお祈りいたします。
一日も早い復興を祈念いたします。
決死の覚悟で現地で復旧対応作業されているみなさま、
被災地で救援活動をされているみなさま、
一刻も早くゆっくり休める時がくることを、祈念いたします。
日付の下に天候が表示されている時それは、@東京国際空港(羽田空港)です。

2011年10月13日(木) 夏の疲れが出てきたか・・・?

_ なんとなく・・・(09時01分記)

爽やかで過ごしやすい気候になってきました。そのせいか、なんとな〜く、身体中になんとも言えない微妙な疲労を感じています。

今夏の疲れですかね。

美味い魚で晩酌したいところですが、今年の秋は、お魚はかなり制限を受けちゃうのでなんだかな〜 です。

いつもだと、椎茸を焼いて醤油をたらして食べたりするのですが、今年の秋は椎茸もな〜 です。

イタリア産生ハムに赤ワインって作戦も悪くは無いのですが、さすがに毎日こればかりだとな〜 です。

です。

_ ストロンチウム再考。(14時43分記)

私がモロに横浜市に住んでいるということもあってか、友人知人から半分冗談、しかし半分本気?で『青木は避難しないのけ?』『ストロンチウムってヤバんだろ?』というメールを貰いました。

昨日も書いたとおり、まぁ、少なからずあるだろうという心積もりは前もってありましたから、別に改めてどうするということもないのですが、『あの量は具体的にどのぐらいヤバいんだ?』というメールもいただきましたので、今回横浜市港北区で検出されたというストロンチウムについて、あらためて考えてみたいと思います。

前提条件として、ストロンチウムが195ベクレル/Kg検出されたという数値が正しいものとして話を進めます。というのは、ストロンチウムの定量分析って非常に難しく、今回の報道だけでは数値の精度がどの程度なのか、わからないからです。 現在、横浜市衛生研究所が再測定しているということですから、新しい数字が発表されたらまた考えてみたいと思います。

■横浜市港北区で検出されたストロンチウム素性
asahi.com「横浜でストロンチウム検出 100キロ圏外では初」 (2011年10月12日3時32分)より抜粋。
採取時期   :2011年7月 採取場所   :築7年の5階建てマンション屋上 サンプルの状態:堆積物
ストロンチウム検出量: 195 [ベクレル/Kg](同位体研究所測定値) セシウム検出量   : 63,434 [ベクレル/Kg](同位体研究所測定値)            105,600 [ベクレル/Kg](横浜市衛生研究所測定値)

まず言えることは、セシウム量がハンパなく高いことからこの堆積物は恐らく降雨により集まった放射性物質が、降雨/蒸発を繰り返すことで濃縮されたものであろうということです。これほどまでに高濃度に汚染された土壌は、横浜市内であればそのへんにゴロゴロあるってことはさすがにないでしょう。しかしながら、局地的にであれ、これほどまでに高濃度濃縮される場所があったということは事実なので、他にもこういう場所がないか、街中のきめ細かな線量計測が必要です。私も時間が許す限り、あちこち計測しようと思います。

さて次に、では、実際そのへんの地面にどの程度のストロンチウムが居るのか、考察してみます。

チェルノブイリ原発事故等の過去の知見から、原子炉から放射能漏れが起きたとき、セシウムが検出されればある比率でストロンチウムも存在することがわかっています。

今回検出されたストロンチウム量から、対セシウム比を計算してみます。

--------------------------------------------------
      採取場所      Cs   Sr Sr/Cs
--------------------------------------------------
2011年 7月 横浜市港北区    63,434     195  0.0030
               105,600     195  0.0018
--------------------------------------------------
2011年 3月 福島県浪江町1    4,600      16  0.0035(※)
2011年 3月 福島県浪江町2   39,000      90  0.0023(※)
2011年 3月 福島県飯舘村   103,000     292  0.0028(※)
--------------------------------------------------
参考:チェルノブイリ原発事故時に名古屋で観測された降下物の
   Sr/Cs = 0.002〜0.02
--------------------------------------------------
※:文部科学省発表の「陸土及び植物の放射性ストロンチウム分析結果」より。

今回の福島第一原発事故により大気中にばら撒かれ、地上に降り注いだ放射性物質に関して言えば、Sr/Cs = 0.002〜0.003程度と考えておけばよさそうです。

先日発表された神奈川県のセシウム汚染マップによれば、神奈川県下は大体において1万ベクレル/m2以下だということです。また、今まで文部科学省などから公表されている地表へのセシウム沈着量と地上1mでの空間線量の関係を見てみますと、超ざくっとですが、セシウム(134+137)1万ベクレル/m2で、空間線量を 0.1μSv/h 押し上げるぐらいな雰囲気です。ですので、神奈川県下は概ねセシウム1万ベクレル/m2以下って線はそんな感じかなぁと思います。

まぁざくっとセシウム1万ベクレル/m2あるとするならば、ストロンチウムは20〜30ベクレル/m2あると思ってよさそうです。

福島第一原発爆発前のデータは、2009年度ですがこちらで見ることができます。横須賀で 1.8ベクレル/Kgとあります。これは、1960年代に行われた核実験と、1986年のチェルノブイリ原発事故で世界中にばら撒かれた放射性物質の名残です。

単位が [ベクレル/Kg] なので、これを [ベクレル/m2] に変換しないと比較できないのですが、原子力安全・保安院によれば、65を乗ずればよいとされています。


    これほんとか? 東京大学の早野教授によれば、ざくっと60ということなので、まぁこんなものなのかな。ってことは、1m2は土65Kg分ってこと? 土の比重って2ぐらいだから、32.5リットル分になるのだけど・・・ 1m x 1m x 3.25cm ってことなんですかね。なんか多すぎるような気がしないでもないなぁ・・・

2009年度の横須賀での土壌中のストロンチウム量:1.8 [ベクレル/Kg]
[ベクレル/Kg] x 65 = [ベクレル/m2] とのことなので:
2009年度の横須賀での土壌中のストロンチウム量換算値:1.8 x 65 = 117 [ベクレル/m2]

もとから100ベクレル程度あったところに、今回新規にストロンチウムが30ベクレル降り積もったとしても、そう大慌てするほどの量ではないかな・・・と、私は判断しています。

もちろん、こんなものは無いほうが良いに決まっているんですが。

ただ、新規に降り積もったストロンチウムは地表面に近いところに居るでしょうから、風や移動する人間、車等で、舞い上がりやすい状態にあるということは言えそうです。

2009年に比べて土壌中では3割増し程度の量であっても、空間中のストロンチウム濃度は、随分高くなっていそうな感じはしますね。

お名前:
E-mail:

↑『お名前』は匿名でも結構ですので必ず入れてください。
入れ忘れてツッコミ投稿された場合、コメントいただいた内容が電子の彼方に葬り去られます。

コメント(半角英数文字のみのコメントは投稿できません)
すぱむ対策のため、半角でhttpを含むコメントは投稿できません!:
本日のリンク元
検索

もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2011年
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。