最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2013年09月10日(火) 2020年オリンピックまさかのTOKYO?

15:00現在曇 26℃

_ いやぁ驚きました。(15時20分記)

最近、facebookでの書き込みばかりで、こちらは本当に放置状態で申し訳ないのですが、facebookはfacebookで、投稿しやすいのはいいのですが、どんどん投稿しているとどんどん投稿が流れて行ってしまい、あとから「あれどれだっけ?」って、探すのが大変困難になってしまいます。

というわけで、facebookに投稿した今週の投稿から、主なものを備忘録的にこちらに貼っておこうと思います。

非常に読みにくいかと思いますが、ごめんなさい。近々、かにの泡ぶく の運用形態もどうするのがよいのか、考えたいと思います。

それでは以下、すべて、facebookに投稿した内容のコピーです。

_ ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿

私は反対の立場でした。理由はいろいろありますが、私の過去の投稿を読んでいただければわかります通り、第一には、今の日本はそんなことやってる場合じゃない。自国民が未だ15万人も放射能を逃れて避難生活を強要されている上、その原因となっている福島第一原発事故は、まるで収束せず汚染水ダダ漏れ。まずは国をあげて全力でこれをどうにかすべき。オリンピックなんかやってる場合では無いということ。

次に、大借金を抱え、財政再建だぁデフレ対策だぁと言っているこの状況下で、オリンピックのためにまたぞろ莫大な公共工事が実施されようとしています。そんなカネは無い!

あと、個人的な我儘ですが、東京開催だと、私の生活圏でもあり仕事圏でもあるので、いろいろ騒がしくなってイヤだなぁ ^^)。私、人ごみ苦手なんです。これを機に長野県に引っ越そうかしら。篠ノ井がいいな。

でもまあいろんな大人の事情があるにせよ、決まってしまったからには仕方ありません。2020年東京オリンピック開催に向けて、なにか少しでも実のある行動をしたいなーって、思いますし、できることなら、少しでも、将来の日本のために、今の子どもたちのために、なにか残せることをしたいなーって、思います。

7年後に向けて、なにする?

世界中から厳しい視線が注がれるハズです。汚染水問題もそうですし、東京の状況についても。日本政府や東電は、今まで、自国民向けにのらりくらりとインチキ報道を繰り返して誤魔化してきましたが、そんな手法は通用しないでしょう。

これは、期待できる点です。

今後注意しないといけないのは、報道管制が布かれることですね。ふくいち汚染水が手の付けようのない状況であることがバレないように、汚染水漏れがあったとしても報道されなくなるかもしれません。これを機に、国際的な第三者組織に定期的に「ふくいちチェック」してもらうとかどうでしょう。IAEAとかIOC関係者はダメです。全く無関係な、中立的な国(例えばドイツ)にお願いして、多国籍の組織を立ち上げてもらうのです。

安倍総理が言うように、「汚染水は完全にコントロールされている」のなら、誰に見に来てもらっても大丈夫なハズです。胸を張ってウェルカム! ですよね。

こういう提案って、国連にすればいいんですかね? 私、本気で提案書書きますよ。

次に、2020年までの、ふくいち対策の、ロードマップを作ってもらう。汚染水封じ込めに関して、どんな対策を、いつまでに、どんな手法で実現するのか。現状の、「凍らせて封じ込める」なんつう程度の、抽象的な口先だけごまかし案では世界は納得しません。

他にもいろいろ考えてみます。

うん。今回の、2020年東京オリンピック開催を利用することで、やれることはたくさんありそうです。

忙しくなりそう。

_ 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿

7年後ってなにやってるんだ? って、考えてみた時、参考になるのは7年前に自分が何やってたか・・・です。

7年前って、2006年かぁ。

携帯電話のデジカメ開発に追われて、毎日超絶忙しかったころだなぁ。ガラケー万歳なころだったなぁ。翌年だったか、AppleからiPhoneが出て、それを見た私は、えらい驚愕して、「こりゃすげぇもんが出たもんだ」 と、思ったものですが、周囲では、「iModeのほうが全然使いやすいわ」みたいな、おまえ見てるところ違うぞソレって感じの世間だったなぁ。

そのとき、今が、こんなことになっているなんて、誰が想像出来ていたことでしょうか。

よくよく考えてみれば、7年後の開催地を決めるって、すんごいことですよね。なにを根拠に、7年後、そこで開催できると判断するのでしょうか。

別に文句を言っているわけじゃないです。素朴な疑問です。

住宅ローンを組むときも、同じような疑問を感じました。「なにを根拠にこの人たちは、俺に35年間ものローンを許可しているのだろうか」。

まぁ、住宅ローンの場合は、私が死んだりゼニ稼げなくなったりすれば、補償される仕組みがありますからまだわからないでもないですよね。

そんなことを考えつつ、つらつらとベランダの植木に水をまいておりました。

_ 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿

ふくいち原発事故に関連して、改めて 「港湾外」 への汚染水流出を示唆する報道なり資料なりを検索してみたところ、かなりのURLが削除されている模様。

いまのうちにいっこぐらい取っておこうということで、備忘録メモ。

朝日新聞デジタル
「海水の放射能急増 福島第一原発、港湾内8〜18倍」
2013年8月24日

からの引用です。

_ 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿

「ふくいち」について、いろいろ調べていてわかったことのなかで、興味深いもののひとつに、堤防の構造 があります。

あの堤防、透過堤 という形式で、上から見ると一見、海の底まで壁ががっちり入っているように見えますが、海の中は魚が通り抜けることができるぐらいの隙間がある構造のようです(コメントにその構造を記したpdfへのリンクを入れておきます。興味ある方は速攻保存 ^^))。

ということは、港湾内 と言われている空間と、港湾外 は、海水がかなり自由に行き来しているってことですね。

でも、いくらなんでも、そんな状態を放置しているわけもありませんからさらに調べてみると、南側の堤防については、透過防止工事という工事がなされている模様です(これもコメントに資料へのリンク入れておきます)。

でもでも、いくら調べても、南側しか、この透過防止工事、実施されていないようなんです。

ということは、他のところは、透過状態のままなんですかね?

ちなみにこの、透過堤 という形式は、比較的一般的な堤防の構造のようで、東北電力でもこの 透過堤 の工事について、研究している論文がいくつか見つけることができました。また、土木業者のサイトでも、多数紹介されています。

---- 以下、コメントに入れた追補情報 ----

ふくいち堤防の構造:http://cryptome.org/0004/daiichi-build-02.pdf
南側透過防止工事の実施:http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110711i.pdf

このまとめはわかりやすいけど、まとめ内容がどこまで事実か検証してません。各人で判断されてください。
第1原発港湾の防波堤は、魚のすり抜けが可能です。:http://togetter.com/li/464273

_ 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿

ヒマってわけではないのですが、気になったので計算してみました。

ふくいち港湾内の面積は、超ざくっとですが、かなり大き目(海面上昇が少ない方向にブレる)に見積もって、338450 m^2。

1日に300トンが流入したとすると、これが完全に港湾内でブロックされたとした場合、300 / 338450 = 0.00088 m = 0.088 cm となり、毎日 0.088 cmの海面上昇が起きます。

かれこれ2年間、漏れ続けていたとすれば、64cm ぐらい海面が上昇していることになりますね。

ところが実際はアタリマエですが、そんなことは起きていません。単に薄まって太平洋に流れていってるだけって話です。 こんな計算しないでもわかることなんですが。

_ ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿

トモダチ作戦に参加した米兵が、東電のウソの情報により回避できた被曝を被ったとして、東電に対して米連邦地裁に起こした裁判がありましたよね。あれ、その後どうなったんですかね。

ご存じのかた、いらっしゃいましたらぜひ教えてください。

一方で今回のオリンピック招致。安倍総理は、最終プレゼンで世界に向けて明らかなウソを言いました。

 「汚染水は港湾内で完全にブロックされている」
 「汚染水は完全のコントロールされている」

汚染水が太平洋に出て行って、自然の包容力の元、薄まって検出できなくなっているということと、「汚染水は港湾内で完全にブロックされている」ということは、まるで違います。

ウソのプレゼンで招致に成功した東京オリンピック。「7年後の2020年にはまったく問題ない」とまで言い切りました。

これを根拠に参加した各国のオリンピック選手団から、莫大な損害賠償請求される可能性って、ないんですかね。

それとも、福島マラソンみたいに、「健康を害しても一切自己責任」みたいな承諾書を用意してサインもらうつもり?

_ ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿

今朝の朝日新聞全国版3面があまりにもカオスなので、記念に全面キャプチャー ^^)

安倍総理:
 「状況はコントロールされている」
 「汚染水の影響は原発の港湾内で完全にブロックされている」

東電:
 「遮断なんか出来てないお」
 「漏れたタンク付近からストロンチウム濃いの出たお」

世界:  「まじ? 東京? 驚きだっちゃ!」

いちばん心に刺さるのは、福島県のみなさんの言葉です。

 「言葉通りやってくれ」

全くその通りです。

世界に向けてウソハッタリを発信してしまった安倍総理。オリンピックなんか関係なしにきちっと「ふくいち」をコントロールできるよう、お願いします。

まさに、「言葉通りやってくれ」。

_ ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿

facebook友のコメントを書くために久しぶりに昔の資料を見てみたのですが、いまみても、案外面白いので紹介します。

元資料はあまりにも巨大なので、当該部分のみ一部抜粋で、facebookにあげました。

元資料URLは、コメントに入れておきます。

これ、2020年オリンピックの東京招致資料なのですが、「オリンピックやるのに電気居るから原発動かさないと」という言い分は無しですよー と、あらかじめ釘を刺しておきたい ^^)

元資料だと、p121以降になるのですが、

--------
既存の電力供給能力

東京では、既存の配電システムで、2020年東京大会で発生する追加需要に対し、対応することができる。

東京都内の電力は、主に、世界最大規模の民間電気事業者の一つである、東京電力株式会社により供給されている。東京電力株式会社の電力供給力は、東京都を含めた東京電力管内において、2011年3月のピーク時で、東日本大震災直前には5,200万kWであったが、震災直後には原子力発電所と火力発電所が停止したことにより3,100万kWに減少した。しかし、2012年7月には、火力発電所の復旧や新たな電源設備の設置などにより5,786万kWまで回復している。
その結果、2012年7月〜8月の最大電力需要が5,078万kWであったため、708万kWの予備力があり、2020年東京大会で発生する追加需要に対して、既に十分に対応可能な状況にある。 --------

原発を動かすためにわざわざ止めていた火力発電所を動かしたことにより、原発無くても震災前より 586万KW も発電能力上積みできたので、原発無くてもオリンピック余裕でっせ〜

ってなわけです。

おいおいですよね。国内に向けてこんな数字をきちんと説明したことあったっけ?

---- 以下、コメントに入れた追補情報 ----

元ネタはこちら。20MBytes ぐらいあります。
http://tokyo2020.jp/jp/plan/candidature/dl/tokyo2020_candidate_entire_2_jp.pdf

お名前:
E-mail:

↑『お名前』は匿名でも結構ですので必ず入れてください。
入れ忘れてツッコミ投稿された場合、コメントいただいた内容が電子の彼方に葬り去られます。

コメント(半角英数文字のみのコメントは投稿できません)
すぱむ対策のため、半角でhttpを含むコメントは投稿できません!:
本日のリンク元
検索

もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2013年
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。