最新の日記 |  かにこむ扉頁へ

かにの泡ぶく

内容は限りなくフィクションであり、嘘八百です。
本当だよ。

2012年09月02日(日) 気が付けば長月。

_ カマキリ成虫になる。(14時06分記)

こちらで紹介したカマキリですが、8月29日の深夜に脱皮を開始し、無事羽化、立派な成虫になりました。

いやぁもう、脱皮をリアルタイムで見ていると、ほんとドキドキですよ。

『落ちるなよ〜』と、ウイスキィ片手にこちらが思わず力んでしまいます。

エサのコオロギがまだ何匹かありますので、もうしばらくこのまま飼い続ける予定ですが、さて、その先どうしましょ。

私としては、成虫になったので、自然界に戻すのがいいのではないのか? と、思うのですが、家内と娘曰く、今までずっと飼われてきたので、自然界に放したらすぐやられちゃうだろうから、このまま飼うほうがいいと。

カマキリの身になって考えてみれば、どうなんだろう。

リスクがあっても本来あるべき環境に戻れるのがいいのか、リスクがないけど、囚われの身のままで一生涯終えるのがいいのか。

私なら、当然前者を選びます。

まだ時間はありますから、ゆっくり考えていこうと思います。

羽化したカマキリ

_ 金パナの006P積層電池の容量実測。(14時25分記)

以前からちょいと気になっていたことなのですが、006P/9Vの積層乾電池って、高価なわりにはすぐに消耗する印象があったので、実際どのぐらい電力を取り出せるものなのか実測してみました。

パナソニックの006P/9Vアルカリ乾電池、通称「金パナ」を、7mA 定電流で連続放電させて時間経過に伴う電圧降下を観察します。

データロガーで云々かんぬん・・・なんてことはしないで、普通のアナログテスタの10Vレンジで電圧を読むという、原始的な方法で測定しました。

なんで 7mA にしたのか? ですが、手持ちの 2SK19A-GR で定電流回路組んだら、7mA になったからです。この電池の性格からして、通常設計であれば流す電流は 10mA 程度がせいぜいでしょう。というわけで、まぁ、7mA ならそこそこ実働に近いだろうと判断しました。

使った電池は完全新品ではなく、軽負荷で少しだけ使ったものです( 1 mA で 30時間ぐらい? )。この実験の数値は、その分だけ容量が低い方向へバイアスされていることをご留意ください。

実際測ってみると、自分で思っていたよりも、案外容量あるんだな〜という結果に。

■金パナの006P積層電池の容量実測結果
終止電圧 7.0 V の場合: 60 時間 x 7 mA = 420 mA/h 終止電圧 6.0 V の場合: 72 時間 x 7 mA = 504 mA/h 終止電圧 5.4 V の場合: 76 時間 x 7 mA = 532 mA/h

7.0 V で使用終了つうのはちょっと贅沢な使い方すぎますので、まぁ、安全サイドで考えて 6.0 V 終止として、500 mA/h 取り出せることがわかりました。

これは、7 mA 通電時での結果ですので、もっと重負荷になれば容量は減少、軽負荷になれば、電池容量は増えることになると思われます。

以上、ご参考まで。


    パナソニックのWebを検索していたら、公式資料がありました。
    http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf2/AAC4000/AAC4000CJ26.pdf
    この中にあるグラフから読んでみますと、10 mA 連続放電時、終止電圧 6.0 V 時までの通電時間はざっと 50時間なので、500 mA/h。私の実験と合致していますね。(2012年9月3日 9時5分追記。)

お名前:
E-mail:

↑『お名前』は匿名でも結構ですので必ず入れてください。
入れ忘れてツッコミ投稿された場合、コメントいただいた内容が電子の彼方に葬り去られます。

コメント(半角英数文字のみのコメントは投稿できません)
すぱむ対策のため、半角でhttpを含むコメントは投稿できません!:
本日のリンク元
検索

もっと読みたい奇特なかたは、↓の読みたい月をクリックしてね。
2000|04|
2005|01|02|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|03|04|12|
2015|09|12|
2016|04|05|12|
2012年
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

泡ぶく全文検索


「かにの泡ぶく」内が全文検索できます。
検索エンジンで来られて時差にお悩みのあなた、ぜひお試しを。
Powered By tdiarysearch.

Latest "Tsukkomi".

1.青木@管理人 (06/16)
2.RADIO KITS (06/15)
3.青木@管理人 (06/11)
4.匿名 (06/10)
5.青木@管理人 (03/03)
6.再生ラジオ興味津々 (03/02)
7.青木@管理人 (09/23)
8.も (09/23)
9.も (09/23)
10.青木@管理人 (03/31)


12月31日
平凡な日々を積み重ねて生きたい。

05月07日
デジタルカメラの画像処理。

1. 思えば遠くに来たもんだ。
2. 大雑把な流れ。
3. デジタルカメラのホワイトバランス。
4. ホワイトバランスの動き。
5. 感度比をどうやって求めるか?
6. 固定ホワイトバランス。
7. オートホワイトバランス。
8. ホワイトバランスシミュレータ。
9. お仕事絶賛募集中〜 (^^)/

04月29日
久しぶりに更新。

1. 大変ご無沙汰しております。
2. お仕事募集〜 (^^)/
3. 近況。
4. 鎖骨骨折。
5. 快晴だけど風強し。

12月31日
日々を積み重ねることで見えてくるもの。

09月22日
すっかり秋になりました。

1. お久しぶりです。
2. 給湯器がぶっ壊れた。
4. 愚かな防潮堤建設計画。

12月31日
命あれば儲けモノ!

04月13日
STAP細胞特集。

1. すっかり春になりました。(13時15分記)
2. ■STAP細胞論文捏造疑惑に対する私見
3. ■そもそもSTAP細胞問題の混沌としたところ
4. ■STAP現象の有無
5. ■結論を急ぐように見えて実は何もしてない? 理研
6. ■小保方博士の言い分
7. ■私が思う謎
8. ■まとめ

03月11日
あれから三年・・・

1. 14時46分。
2. STAP細胞に暗雲立ち込める・・・(13時16分記)

01月31日
おめでとう!小保方晴子さん。

1. STAP細胞は、画期的過ぎる発見だ!(21時25分記)

12月31日
明るい未来を描けるか?

11月17日
もう冬ですか?

1. アイソンくんを観る。(8時51分記)

10月25日
台風警戒中(27、28号)・・・

1. 久しぶりに新製品デジカメ購入。(14時23分記)

10月02日
一気に秋深まりすぎ ^^)

1. 久しぶりに放射能ネタ。(14時13分記)
2. 過去の悪事の痕跡が暴かれ始めた?!(14時30分記)
3. ■青木的四方山話。(21時24分記)

09月19日
秋到来!

09月10日
2020年オリンピックまさかのTOKYO?

1. いやぁ驚きました。(15時20分記)
2. ■2020年東京オリンピック開催に向けて(2013年 9月 8日投稿
3. 7年後ってなにやってるんだ?(2013年 9月 8日投稿
4. 汚染水は港湾内で完全にブロックしている?(2013年 9月 9日投稿
5. 福島第一原発の堤防は「透過堤」。(2013年 9月 9日投稿
6. 汚染水が港湾内で完全にブロックされているとしたら?(2013年 9月 9日投稿
7. ■ウソ情報に起因する損害賠償請求。(2013年 9月 9日投稿
8. ■朝日新聞の紙面があまりにもカオス。(2013年 9月10日投稿
9. ■原発なくてもオリンピック開催余裕だぜ資料。(2013年 9月10日投稿




今日もまた、明日への架け橋である。命ある今に乾杯!

管理人 青木康雄 へのメッセージはこちらへ。