福島第一原発事故で自然界に放出された放射性セシウム比(放出時点で134Cs / 137Cs = 1.0 とする)が、2018年 2月19日にどうなっているかを以下に示します。

放出日:2011年 3月12日
経過日数:2536日

134Cs / 137Cs = 0.1140

放出より2536日経過したことで、それぞれの量は放出時を 1.0 とすると、以下の量となっています。

137Cs = 0.8525
134Cs = 0.0972
----------------
総Cs = 0.4749

放出日:2011年 3月14日
経過日数:2534日

134Cs / 137Cs = 0.1142

放出より2534日経過したことで、それぞれの量は放出時を 1.0 とすると、以下の量となっています。

137Cs = 0.8526
134Cs = 0.0974
----------------
総Cs = 0.4750

放出日:2011年 3月15日
経過日数:2533日

134Cs / 137Cs = 0.1143

放出より2533日経過したことで、それぞれの量は放出時を 1.0 とすると、以下の量となっています。

137Cs = 0.8527
134Cs = 0.0975
----------------
総Cs = 0.4751